勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに

勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年11月29日
商品形態:
電子書籍

勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに

  • 著者 みかみてれん
  • イラスト 荒川眞生
発売日:
2014年11月29日
商品形態:
電子書籍

魔王候補四人VS不死身の冒険者――最初の決戦が、幕を開ける。

冒険者の襲撃に備え、魔王城の修復を試み、さらなる修行に挑む魔王候補四人。いよいよ魔王が決定されるその日、地下より不死身のS級剣士が表れる。正面の門にはA級のアーチャー率いる冒険者軍。命を懸けた初めての戦いに挑むたった四人の少年たちは歴戦の戦士に打ち勝つことが出来るのか――? 再会、瀕死、戦争、裏切り……激動の第二巻!!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リヴァイブストーンが非人間的みたいな空気出してたけど死ぬよりはましだよな。/イサギの過去編で召喚初期に痛めつけられてるの見てるので、慶喜がビビるのも無理はないと感じられてヘイトが溜まらなかった。 リヴァイブストーンが非人間的みたいな空気出してたけど死ぬよりはましだよな。/イサギの過去編で召喚初期に痛めつけられてるの見てるので、慶喜がビビるのも無理はないと感じられてヘイトが溜まらなかった。
    珈琲好き
    2016年05月11日
    4人がナイス!しています
  • 今回の副題が示すとおりの展開になっちゃったなあ。ただ、厳しい見方をすれば、そんないうほど交流があったっけ、という気も。一巻で多少のやりとりはあったもののそれほど深いものではない印象だったし、今回はプレ 今回の副題が示すとおりの展開になっちゃったなあ。ただ、厳しい見方をすれば、そんないうほど交流があったっけ、という気も。一巻で多少のやりとりはあったもののそれほど深いものではない印象だったし、今回はプレハとの出会いの回想が大部分を占めていて現在の仲間たちとの交流の場面はそれほどなかったし。もうちょっと仲間との交流を掘り下げてからこういう展開を持ってきた方が良かったのではという気も。まあこういう境遇であれば普通に生きているよりも何倍も濃密に相手を身近に感じるだろうというのはわかるけどね。(コメント欄に続く) …続きを読む
    alleine05
    2014年12月04日
    4人がナイス!しています
  • この物語の軸はプレハであり、過去エピソードでグッと締まったなあと感じる第2巻でした。リヴァイブストーンの残酷さえげつなさが鮮烈。 この物語の軸はプレハであり、過去エピソードでグッと締まったなあと感じる第2巻でした。リヴァイブストーンの残酷さえげつなさが鮮烈。
    t-snow
    2014年12月30日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品