黒鋼の魔紋修復士10 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月30日
商品形態:
電子書籍

黒鋼の魔紋修復士10

  • 著者 嬉野 秋彦
  • イラスト ミユキ ルリア
発売日:
2014年07月30日
商品形態:
電子書籍

可哀相なディミタール。あの子には、過酷な運命が待っているでしょう――逃れられない宿命、第10巻!

ダンテ逃亡の件でディルマに向かったカリンたち。一方シャキーラの元を訪れたディーは、ヴァレリアではなく自分の紋章官にならないかと誘われる。自身に下される危険な任務、そして、いまだ御しきれない左腕の暴走がヴァレリアを巻き込むことを懸念し思い悩むディーだが、そんな折、ルオーマの中枢である魔法院から火の手が上がる。その紅蓮の炎は、アーマッドに突如の訣別と大いなる混迷をもたらす戦いの合図だった――。※作品の表現や演出を考慮して、電子版は本文縦組で制作しております。また一部のページを改変しております。※

メディアミックス情報

NEWS

「黒鋼の魔紋修復士10」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ルオーマの中枢にある魔法院より火の手が上がった事件を契機に、ここから怒涛の展開で物語として大きな転換期を迎えましたね。密かに調査を進めていたシャキーラと皇太子がついに下した決断。そのため自らも追われる ルオーマの中枢にある魔法院より火の手が上がった事件を契機に、ここから怒涛の展開で物語として大きな転換期を迎えましたね。密かに調査を進めていたシャキーラと皇太子がついに下した決断。そのため自らも追われる身となったディミタールの信じるものが根底から覆される状況で、神巫たちに向かう殺意と、彼が迫られた究極の決断。裏切りのショックから立ち直れないヴァレリアを何とか守り切ったディーは、うまく言葉にできない思いをついに行動で示してしまいましたが、状況としてはまだまだ大変そうですね。とても面白かったです。次巻も楽しみ。 …続きを読む
    よっち
    2014年10月15日
    38人がナイス!しています
  • 色々急展開すぎる1冊。初っ端からこちらの予想外な展開で終始驚かされっ放しです。1巻からの伏線回収がこんな急に始まるとは思わんかった。一番の敵は身内というが今回のアーマッドで起きた事件はまさにそれですね 色々急展開すぎる1冊。初っ端からこちらの予想外な展開で終始驚かされっ放しです。1巻からの伏線回収がこんな急に始まるとは思わんかった。一番の敵は身内というが今回のアーマッドで起きた事件はまさにそれですね。物語もいよいよ終盤という事でディミさんのデレ期が入りヴァレリアとのラブな展開もありましたが今後どうなるのか全く予想が出来ない状態。リヒテルナッハ家に関係する謎は何なのか、オルヴィアの目的も気になる。次巻はよ。 …続きを読む
    まりも
    2014年07月31日
    28人がナイス!しています
  • クライマックスに向けて展開が一気にスピードアップした感じ。まさかディーの身内がクーデターを起こすとは思っでも見なかったです。身内かヴァレリアかどっちかを選べと突きつけられた時のディミタール決断はホント クライマックスに向けて展開が一気にスピードアップした感じ。まさかディーの身内がクーデターを起こすとは思っでも見なかったです。身内かヴァレリアかどっちかを選べと突きつけられた時のディミタール決断はホントにカッコよかった!流石だよディミさん‼︎次巻も非常に楽しみ。 …続きを読む
    ナカショー
    2015年10月12日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品