あの娘にキスと白百合を 1 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年06月18日
商品形態:
電子書籍

あの娘にキスと白百合を 1

  • 漫画 缶乃
発売日:
2014年06月18日
商品形態:
電子書籍

少女たちの純粋さとキスが紡ぐ百合物語――…。

品行方正、成績優秀の秀才少女・白峰あやかは、中等部から高等部に進学。『今までと同じ自分』であり続ける……はずだった!? 天才少女・黒沢ゆりねとの出会いから、彼女の世界は一変する…?!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あの娘にキスと白百合を 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 白峰さんと黒沢さんの話はそんなでもなかったけど、従姉の瑞希と陸上部マネージャーの二階堂さんの二人の話は良かった。 白峰さんと黒沢さんの話はそんなでもなかったけど、従姉の瑞希と陸上部マネージャーの二階堂さんの二人の話は良かった。
    ソラ
    2014年08月10日
    23人がナイス!しています
  • 清蘭学園という中高大一環の女子高を舞台にしたオムニバス形式のシリーズ第1巻。冒頭から「タイが曲がっていてよ」というセリフが出てくる程にマリみてオマージュが感じられます。メイン視点に立つのは表紙になって 清蘭学園という中高大一環の女子高を舞台にしたオムニバス形式のシリーズ第1巻。冒頭から「タイが曲がっていてよ」というセリフが出てくる程にマリみてオマージュが感じられます。メイン視点に立つのは表紙になってる二人で、「努力家の秀才(黒髪ロング)」「努力しない天才(茶髪ショート)」というややステロタイプな組み合わせですが、微妙にイメージを覆すキャラ付けが施されるなど、工夫が感じられます。以下、幕間の小噺も含め様々な少女と少女の関係性が描かれますが、友情と恋の臨界点が切なく甘酸っぱく描かれていて、本当にツボでした。 …続きを読む
    本木英朗
    2015年11月17日
    15人がナイス!しています
  • 百合作品が好きなので手を出して見たのだが、私的にはかなり微妙な作品だった。個人的に思うのは読んできた他の百合作品の方が何もかもが綺麗な気がした。なんだろうか。ちょっと出来過ぎ感も否めない作品でもあった 百合作品が好きなので手を出して見たのだが、私的にはかなり微妙な作品だった。個人的に思うのは読んできた他の百合作品の方が何もかもが綺麗な気がした。なんだろうか。ちょっと出来過ぎ感も否めない作品でもあった気がしてならない。せっかく、かったのだけど残念。作者さんとの相性が悪かったのだと思おうかな。 …続きを読む
    610@書店員復帰を目指し中!
    2018年05月14日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品