ホークウッド 5 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年04月23日
商品形態:
電子書籍

ホークウッド 5

  • 著者 トミイ 大塚
発売日:
2014年04月23日
商品形態:
電子書籍

勝利か? 名誉か? 危機のエドワード王太子に迫られる決断!

英仏百年戦争の戦場を跋扈する傭兵隊の活躍を描く、中世リアル合戦絵巻第5巻! フランス軍指揮官ロレーヌ公率いる精鋭騎士団に劣勢を強いられるエドワード王太子。騎士道の誇りが招く、敗北の危機……!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ホークウッド 5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒太子エドワードが好きになる巻。と同時に、中世の戦争行為における、騎兵の意味に触れている。また、弩兵の意味についても、信長の鉄砲兵的な意味合いを持たせている。例によって連射できないけどね。個人的には、 黒太子エドワードが好きになる巻。と同時に、中世の戦争行為における、騎兵の意味に触れている。また、弩兵の意味についても、信長の鉄砲兵的な意味合いを持たせている。例によって連射できないけどね。個人的には、西洋の騎兵って、基本的には貴族の特権階級的な存在しか成れなくて、殺すより身代金もらったほうがいいから、騎兵であること自体が手加減につながり比較的死にづらい、しかも勝負のとどめを刺すときに出てくる部隊……日本の騎馬武者のように、敗戦=死ではなかったんじゃないかねと思うんだけど、どうなんだろうなぁ。 …続きを読む
    ナス隊長
    2014年11月09日
    2人がナイス!しています
  • 青臭いようでいて才気があり、それでいてやっぱり青いエドワード。この戦争中に更なる成長を遂げるのかな。ラストでホランドがえらいことになってたけどあれで終わりなのか。よく銃が騎馬の時代を終わらせたというけ 青臭いようでいて才気があり、それでいてやっぱり青いエドワード。この戦争中に更なる成長を遂げるのかな。ラストでホランドがえらいことになってたけどあれで終わりなのか。よく銃が騎馬の時代を終わらせたというけれど、弩はそれに先駆けることになるのだろうか。 …続きを読む
    コリエル
    2014年07月31日
    2人がナイス!しています
  • 14世紀の英仏の百年戦争での傭兵の戦いを描いた佳作。英仏両陣営の思惑や駆け引きが面白い。クロスボウ(弩)の登場で、特権階級である騎士身分の優位性がなくなって没落していく様が、後世の日本の戦国時代に鉄砲 14世紀の英仏の百年戦争での傭兵の戦いを描いた佳作。英仏両陣営の思惑や駆け引きが面白い。クロスボウ(弩)の登場で、特権階級である騎士身分の優位性がなくなって没落していく様が、後世の日本の戦国時代に鉄砲出現で没落する武士階級を暗示させ歴史って面白いと思う。にしても戦争ってお金がかかる。食糧や武器の補給なしに戦闘継続はありえないのがよくわかる。 …続きを読む
    Kengo Kimura
    2014年04月29日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品