試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
雑誌コード:
5266173
ISBN:
9784040665733

ホークウッド 2

  • 著者 トミイ 大塚
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
雑誌コード:
5266173
ISBN:
9784040665733

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ホークウッド 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絵が好きな感じであり読みやすい。 絵が好きな感じであり読みやすい。
    gogoolump
    2016年08月05日
    0人がナイス!しています
  • 今回は白鴉隊、ホークウッド隊長が甲冑を脱ぎ捨て、必死の敗走。 今回は白鴉隊、ホークウッド隊長が甲冑を脱ぎ捨て、必死の敗走。
    ちゃーりー
    2015年08月01日
    0人がナイス!しています
  • 騎士道精神に則った名誉のために戦う貴族、これはホイジンガの『中世の秋』にて散々教えられた。が、傭兵は何のために戦うのか、これは『ホークウッド』が教えてくれる。ずばりお金である。作者は随分と中世ヨーロッ 騎士道精神に則った名誉のために戦う貴族、これはホイジンガの『中世の秋』にて散々教えられた。が、傭兵は何のために戦うのか、これは『ホークウッド』が教えてくれる。ずばりお金である。作者は随分と中世ヨーロッパについて調べあげているようで、読者はそのことを示す細部を欄外の注や描写のなかに見つけることができる。また、貴族と傭兵の差異は、この巻においてだと戦火の窮地における対処仕方にて表されている。窮鼠の貴族は猫に歯を向ける。なぜなら騎士道精神に悖るため。それなら傭兵はどうであろうか。その答えはこの第2巻にあります。 …続きを読む
    袖崎いたる
    2015年03月02日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品