五色の舟 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年03月24日
商品形態:
電子書籍

五色の舟

  • 漫画 近藤 ようこ
  • 原作 津原 泰水
発売日:
2014年03月24日
商品形態:
電子書籍

異形の者たちの哀切な運命――津原泰水の傑作幻想譚を、近藤ようこが鮮烈に漫画化。

先の見えない戦時にありながら、見世物小屋の一座として糊口をしのぐ、異形の者たちの家族がいた。未来を言い当てるという怪物「くだん」を一座に加えようとする家族を待つ運命とはーー。津原泰水の傑作幻想短編を、近藤ようこが奇跡の漫画化。月刊コミックビーム2013年8月号~2014年3月号に掲載の全8話を収録。カバー、あとがき(近藤氏、津原氏)は書き下ろし。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「五色の舟」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 漫画。思っていたよりも内容も衝撃的でした。集まっている5人の異形を持った他人は家族以上に思いやり、互いを補い合っていて、素敵な家族でした。 漫画。思っていたよりも内容も衝撃的でした。集まっている5人の異形を持った他人は家族以上に思いやり、互いを補い合っていて、素敵な家族でした。
    2015年05月03日
    111人がナイス!しています
  • 近藤ようこによる小説の漫画化作品は、いつか全集を出して欲しい。全て読んだ訳ではないが、今までに読んだものはどれも素晴らしかった。本書もその素晴らしいひとつ。最近、幻冬舎の社長と揉めた津原泰水の短編を1 近藤ようこによる小説の漫画化作品は、いつか全集を出して欲しい。全て読んだ訳ではないが、今までに読んだものはどれも素晴らしかった。本書もその素晴らしいひとつ。最近、幻冬舎の社長と揉めた津原泰水の短編を1冊の漫画に。一見、乱歩的な残酷な設定に思いきや美しい。耽美的に処理せず、清潔な美しさがある。ひんやりとした哀しみの中で時に暖かみが顕れる。決してアブノーマルとしない世界観がある。ここに昭和20年の広島が絡まる。産業奨励会館を軸に『はだしのゲン』『この世界の片隅に』を絡めて想うと眩暈がする想い。また再読する。 …続きを読む
    4月から新職場の寺
    2019年07月22日
    66人がナイス!しています
  • 原作elevenを読んだのがかなり前だったので、まず原作を再読してから読みました。原作自体を自分自身の中できちんと消化してから目にしたこともあり、ものすごく丁寧に綺麗に漫画化されているのがよくわかりま 原作elevenを読んだのがかなり前だったので、まず原作を再読してから読みました。原作自体を自分自身の中できちんと消化してから目にしたこともあり、ものすごく丁寧に綺麗に漫画化されているのがよくわかりました。特に最終話は原作を補って余りある美しさでとてもとても良かったです。賞を獲ったのも納得です。 …続きを読む
    aquamarine
    2017年07月03日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品