試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011911

もののけ物語

  • 著者 加門 七海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011911

ものとの出会いは、ひと目惚れの恋そのもの。

招き猫、古い人形たち、銅鏡。見初め魅入られ、なぜか頼られ……。気づけば妖しいモノにかこまれる加門七海のにぎやかな日常。驚異と笑いに満ちたエッセイ集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「もののけ物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先日読んだこの作者の本が私のフィーリングにあったせいか少し読んでみようという気になりました。本当にご自分の経験なのでしょうか?様々な骨とう品などを買い集めてそれが引き起こしていくような怪しい物語(?) 先日読んだこの作者の本が私のフィーリングにあったせいか少し読んでみようという気になりました。本当にご自分の経験なのでしょうか?様々な骨とう品などを買い集めてそれが引き起こしていくような怪しい物語(?)が楽しめました。また日記などもあってそれには不可思議なことが事細かにつづられています。本当かどうかわからないのですが読んでいると本当らしく思われてきます。 …続きを読む
    KAZOO
    2020年05月11日
    116人がナイス!しています
  • 著者お得意の実話怪談であるが、これは一層凄まじい。表題のもののけ物語も、モノの持つ意思の怖さがあるのだが、怪談徒然日記は、訳のわからない怖さに満ちている。これが「視える人」の文章なのか、精神病院の閉鎖 著者お得意の実話怪談であるが、これは一層凄まじい。表題のもののけ物語も、モノの持つ意思の怖さがあるのだが、怪談徒然日記は、訳のわからない怖さに満ちている。これが「視える人」の文章なのか、精神病院の閉鎖病棟にいる患者の日記なのか、視えない者の身には全く区別がつかないこわさがあるのだ。さぞ著者の日常は賑やかなことだろう。秀逸なのは文庫版あとがき。後日譚が描かれている訳だが、筆者よりもその手のプロがごろごろいる世界らしい。物質世界でフツーに生きる私達は、もしかしたらとても薄っぺらいものしか見えていないのかも。 …続きを読む
    ハイランド
    2020年09月08日
    93人がナイス!しています
  • 相変わらずの怪異三昧な日々をお過ごしの著者。なんてことのない日常のように書かれてるけど、これって慣れるんでしょうか(汗)。男の首が家の座布団の上になんてあったりしたら…想像しただけで恐ろしい。そこが著 相変わらずの怪異三昧な日々をお過ごしの著者。なんてことのない日常のように書かれてるけど、これって慣れるんでしょうか(汗)。男の首が家の座布団の上になんてあったりしたら…想像しただけで恐ろしい。そこが著者の手にかかると面白おかしく感じたりするのが不思議だ。怪談徒然日記はもちろん、やはり後半の「ほんとだよ」の神サマにまつわる話は面白いなぁと思いました。 …続きを読む
    nuit
    2020年09月26日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品