辞書から消えたことわざ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
236
ISBN:
9784047316348

辞書から消えたことわざ

  • 著者 時田 昌瑞
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
236
ISBN:
9784047316348

人々が使わなくなったことわざの「名作」を薀蓄とともに楽しく紹介する!

数々の「ことわざ辞書」を著してきた著者が、辞書への掲載がかなわなくなったことわざを惜しみ、「名作」約二〇〇点に光を当てる。語句の成り立ち、背景、文学作品での利用例等を紹介し、名作の所以を楽しく記す。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「辞書から消えたことわざ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「消えた」と書かれているだけあって、知らないものばかり。でも面白い。「軽い返事に重い尻」という分かりやすいものもあれば「川中には立てども人中に立たれず」という解説を読まないと意味がわからないものもあり 「消えた」と書かれているだけあって、知らないものばかり。でも面白い。「軽い返事に重い尻」という分かりやすいものもあれば「川中には立てども人中に立たれず」という解説を読まないと意味がわからないものもあり「百人を殺さねば良医になれぬ」という怖いものもあれば「天も地も測ろうが量りがたいは人の心」と深いものもあり、「年寄りと古骨は抱えている程邪魔」という厳しいのもある。「心太の幽霊をこんにゃくの馬に乗せる」の意味“グニャグニャな様”には笑った。グニャグニャって言ったほうが早いがな。ことわざの意味はコメント欄で。 …続きを読む
    スケキヨ
    2014年09月13日
    18人がナイス!しています
  • 辞書から消えたということで、初めて目にしたものがほとんど。それでも、ある程度は意味するところがわかる。それぞれの解説を読むと、その時代や背景が少しはわかるような気がする。ただし、気がするだけ。一方で、 辞書から消えたということで、初めて目にしたものがほとんど。それでも、ある程度は意味するところがわかる。それぞれの解説を読むと、その時代や背景が少しはわかるような気がする。ただし、気がするだけ。一方で、これまでになかったものも、作り出されてきているんだとも思うし、それは時代とともにということなんだろう。先人の知恵が詰まっている。ストーレートな表現よりも、後でじわっと効いてくるような漢方薬のようでもある。 …続きを読む
    けんとまん1007
    2015年01月24日
    12人がナイス!しています
  • ことわざそのものが、日常生活であまり使われなくなったことに気付く。 ことわざそのものが、日常生活であまり使われなくなったことに気付く。
    naotan
    2015年07月21日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品