口入れ屋お千恵 繁盛記(二)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040700571

口入れ屋お千恵 繁盛記(二)

  • 著者 桑島 かおり
  • イラスト 卯月 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040700571

たおやかに、しなやかに。女人の“働く”幸せ探します

評判の深川三好町「百合花」は、女性の仕事を専門に請け負う口入れ屋。ある日「百合花」で働きたいという、若い町娘のお文が現れた。彼女の存在が、女主人・千恵自身の哀しき過去にまつわる事件の引き金となる……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「口入れ屋お千恵 繁盛記(二)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おふみの話が良かった。気丈な千恵が家族を取り戻したおふみが羨ましいと泣くシーンが印象的。 おふみの話が良かった。気丈な千恵が家族を取り戻したおふみが羨ましいと泣くシーンが印象的。
    カピバラ
    2015年01月04日
    18人がナイス!しています
  • 口入れ屋百合花シリーズ第二弾。「鍵屋〜」で有名な花火師になりたい娘の話は良かった。前作より安定感があるように思う。千恵の弟の事件で、加害者に身勝手ないいががりのような新たな事件をおこされ千恵は更に巻き 口入れ屋百合花シリーズ第二弾。「鍵屋〜」で有名な花火師になりたい娘の話は良かった。前作より安定感があるように思う。千恵の弟の事件で、加害者に身勝手ないいががりのような新たな事件をおこされ千恵は更に巻き込まれる。弦巻のお陰で難を逃れる千恵だが弦巻との関係も抜き差しならなくなりそう。やはり身分違いは越えられない垣根なのかしら。やきもきしながら続きを。 …続きを読む
    豆乳くま
    2015年03月25日
    15人がナイス!しています
  • 江戸物なのですが、現代っぽい表現もあったりして、さらりと読めます。が、どの点とは明確に言えないのですが、もう一声な気がする。ある程度都合がよく進むのはわかるのですが、良すぎちゃうのかな。。。うむむ。と 江戸物なのですが、現代っぽい表現もあったりして、さらりと読めます。が、どの点とは明確に言えないのですが、もう一声な気がする。ある程度都合がよく進むのはわかるのですが、良すぎちゃうのかな。。。うむむ。と、探りつつですが、次の巻も読んでみようと思います。また感想は書き直すかも。 …続きを読む
    るぅく
    2014年09月02日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品