角川新書

異常気象と人類の選択

異常気象と温暖化の関係はもちろん、温暖化論争の真実が明らかになる!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
220
ISBN:
9784047316225
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川新書

異常気象と人類の選択

異常気象と温暖化の関係はもちろん、温暖化論争の真実が明らかになる!

  • 著者 江守 正多
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
220
ISBN:
9784047316225

異常気象と温暖化の関係はもちろん、温暖化論争の真実が明らかになる!

相次ぐ異常気象と温暖化の関係はもちろん、温暖化の科学についての誤解を解説。3・11以降の正確かつ冷静な温暖化の論じ方、そして人類の選択を多方面から検証する。持続可能な人類の将来を考える提案の書。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異常気象と人類の選択」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 3.11の大震災を経た今、地球温暖化問題を改めて世間に問う本。そこには福島第一原発への反省がある。世間が原発問題から目を離している間に「原子力ムラ」の論理ですべてが決められてしまったことへ後から気づい 3.11の大震災を経た今、地球温暖化問題を改めて世間に問う本。そこには福島第一原発への反省がある。世間が原発問題から目を離している間に「原子力ムラ」の論理ですべてが決められてしまったことへ後から気づいた反省が。筆者は問う。温暖化問題を生活習慣病に例えれば、今は大した症状が出ていないが、放っておくとどんとんひどい症状が出る。しかしすでに完治できる段階は過ぎていて、思い切った手術をする必要があるが、その手術も失敗して病気が悪化する可能性がある。さて、どうするか。温暖化に対しても、今、皆が判断しようと言う。↓ …続きを読む
    翔亀
    2016年04月10日
    40人がナイス!しています
  • 温暖化について、問題視されていることを気象学者の著者がわかりやすく解説したもの。温暖化懐疑論を論理的に否定している説明がわかりやすい。全体的に身近なものに例えて説明しているところが少し知識がある人にと 温暖化について、問題視されていることを気象学者の著者がわかりやすく解説したもの。温暖化懐疑論を論理的に否定している説明がわかりやすい。全体的に身近なものに例えて説明しているところが少し知識がある人にとっては回りくどく感じられることろもあるが、丁寧な語り口で読みやすい。断言できないことは慎重な言い回し。強制はしていないが、ひとりひとりの問題意識が大事。 …続きを読む
    まーぶる
    2016年06月12日
    15人がナイス!しています
  • 2013年刊行。地球温暖化が進んでいる派の本である。著者はIPCC第5次評価報告書主執筆者とのことで、まさに中心的な人物である。内容は、反対派への反論や慎重派、推進派の立場など、気候と経済はたまた心理 2013年刊行。地球温暖化が進んでいる派の本である。著者はIPCC第5次評価報告書主執筆者とのことで、まさに中心的な人物である。内容は、反対派への反論や慎重派、推進派の立場など、気候と経済はたまた心理学的な要素も含めて書かれており、立場が立場だけに現状のデータで言えること、また、その可能性をうまく伝えているように思う。著者が思うほど地球温暖化がブームという一過性のものとは感じないが、一人一人が、「どうすればいいか」という議論の必要性は感じる。それには個々の情報リテラシーの向上が必要であるとも感じる。 …続きを読む
    C-biscuit
    2015年04月24日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品