ホークウッド 3 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年07月12日
商品形態:
電子書籍

ホークウッド 3

  • 著者 トミイ 大塚
発売日:
2013年07月12日
商品形態:
電子書籍

突然の契約破棄! 嘘と策略と暴力の傭兵式「経営再建」開始!

シャルトル聖騎士団に惨敗した白鴉隊に突きつけられた、エドワード王太子からの契約解除通告。ホークウッドは地道な白鴉隊再建を開始する。一方のエドワードも、王族であり騎士という己の立場に葛藤することに……。そして遂にフランス国王はイングランド軍討伐を決意。ノルマンディーに諸侯の軍が集い、決戦の刻迫る!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ホークウッド 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • エドワード黒太子とホークウッドの関わりは直接あったかはわからないみたいだが想像すると面白い。 エドワード黒太子とホークウッドの関わりは直接あったかはわからないみたいだが想像すると面白い。
    gogoolump
    2016年08月05日
    0人がナイス!しています
  • 白鴉隊の再興に向けて。ジョジョ立ちのダフィズ! ロビン・フッドを思わせる長弓使い。今後の活躍に期待大。 白鴉隊の再興に向けて。ジョジョ立ちのダフィズ! ロビン・フッドを思わせる長弓使い。今後の活躍に期待大。
    ちゃーりー
    2015年08月01日
    0人がナイス!しています
  • 1・2巻共々貴族原理にとって異質な傭兵原理という構図だったが、この3巻では傭兵対傭兵の、同じ行動原理に動く者同士が鎬を削る。個人的に「う〜む」となったのは黒狐さんの、悪党の利己主義は見方を変えれば自分 1・2巻共々貴族原理にとって異質な傭兵原理という構図だったが、この3巻では傭兵対傭兵の、同じ行動原理に動く者同士が鎬を削る。個人的に「う〜む」となったのは黒狐さんの、悪党の利己主義は見方を変えれば自分を徹底して裏切らないという考え。これが善人俗人だと利己であることに対して必ずしも忠実ではなく、約束を利益以外の視点から反故にしてしまうかもしれない可能性がある(いわばプラグマティズムとカントの定言命法との関係)。以上にはゲーテの『ファウスト』のような「祈祷は神に、契約は悪魔に」といった教えがあるように思う。 …続きを読む
    袖崎いたる
    2015年03月02日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品