機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上)

  • 著者 富野 由悠季
  • カバー・本文イラスト 美樹本 晴彦
発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

アニメ界の巨星・富野由悠季が織りなす、小説でしか出会えないガンダム!

人類が、増えすぎた人口のはけぐちを宇宙に求めてから一世紀以上が経った。シャア・アズナブルが起こしたネオ・ジオン抗争をくぐり抜け、ハサウェイ・ノアが体験する新たな戦いとは……。ミノフスキー・クラフトを搭載したΞ(クスィー)ガンダムが、紺碧の空に乱舞する! アニメ界の巨星・富野由悠季が織りなす、小説でしか出会えないガンダムがここに登場!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。再読。前回は30年近く前に読んだ。歴代ニュータイプを配下に置いていた高名なブライト・ノア艦長の息子、ハサウェイは、10年程前の「シャアの反乱」をくぐり抜け、対地球連邦の組織マフティーの一員と 図書館本。再読。前回は30年近く前に読んだ。歴代ニュータイプを配下に置いていた高名なブライト・ノア艦長の息子、ハサウェイは、10年程前の「シャアの反乱」をくぐり抜け、対地球連邦の組織マフティーの一員として新たなガンダムを駆る。不思議な少女ギギや地球連邦軍のケネス大佐との出会いを通して複雑な状況へと陥る。映像化されていないガンダムものであるため、美樹本春彦による美しい挿し絵が創造力を高めてくれる。読みやすく、次の展開が楽しみ。★★★★☆ …続きを読む
    Die-Go
    2017年11月18日
    78人がナイス!しています
  • 今度のガンダムはテロリストだ──今冬の映画3部作に向けて予習。…というか再読。30年前に書かれた作品と云うのがスゴい。今日でさえ私達は\テロリスト\と呼ばれる集団を悪の象徴の様に捉え、また各メディア達 今度のガンダムはテロリストだ──今冬の映画3部作に向けて予習。…というか再読。30年前に書かれた作品と云うのがスゴい。今日でさえ私達は\テロリスト\と呼ばれる集団を悪の象徴の様に捉え、また各メディア達もそう伝え騒ぎ立てることに些かの躊躇もない。そこにヒーロー像など微塵も感じさせない様に教育されている。でも、そこには、そうするだけの、彼らなりの正義があるんじゃないだろうか。嘗てこの作品を読んでそんな風に考えるようになった少年の頃の私……。と、古い青臭い感情を思い出して自分で照れつつ中巻へ💦 …続きを読む
    『よ♪』
    2019年06月11日
    64人がナイス!しています
  • 「シャアの反乱」から十余年。平和に溺れて増長し、地球を私物化して汚し続ける連邦政府の特権階級。連中を正す為に動く秘密結社マフティー。理念はいい。でもその実態は標的を要人に限るとはいえ、れっきとしたテロ 「シャアの反乱」から十余年。平和に溺れて増長し、地球を私物化して汚し続ける連邦政府の特権階級。連中を正す為に動く秘密結社マフティー。理念はいい。でもその実態は標的を要人に限るとはいえ、れっきとしたテロ集団。先頭に立つハサウェイはアムロから優しさとガンダムを、シャアから純粋さとニュータイプ思想を受け継いだ新世代。小悪魔な少女に翻弄される所まで一緒。だが甘い。アムロが健在なら暴力革命など許さぬし、シャアならテロ組織ではなく別の国家を立ち上げて堂々と戦う。半端な止揚はただの虻蜂取らずとなぜ気づかない? 中巻へ。 …続きを読む
    Y2K☮
    2018年05月29日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品