試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784829139110

ぼくのゆうしゃ

  • 著者 葵 せきな
  • イラスト Nino
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784829139110

心の強さが願いを叶える――! 葵せきなの描く超王道ファンタジー!!

現代から勇者として異世界に召喚されたトオル。勇者の役目――女神を眠りから覚ますため、自称大魔導師など愉快な仲間を引き連れたトオルを待つのは!? 「おい勇者、俺の荷物持てや」「斬新な勇者の扱いだね!」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくのゆうしゃ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「生徒会の一存」の葵せきなの一存完結と同時発売の最新作。頭の良い兄を尊敬する小学四年生のミカミトオルは交通事故に遭遇したと思ったら目が覚めるとそこには毛玉の生物が話しかける異世界だった。トオルはこの世 「生徒会の一存」の葵せきなの一存完結と同時発売の最新作。頭の良い兄を尊敬する小学四年生のミカミトオルは交通事故に遭遇したと思ったら目が覚めるとそこには毛玉の生物が話しかける異世界だった。トオルはこの世界に勇者として召還され毛玉の魔物ルゥと共に人里を目指し、途中自称大魔導師の口先男ファルディオと遭遇しながらヴェリール村へ到着する。村は現在、シュ・ロッカという魔物大移動の危機に晒されていて…。異世界ライトファンタジーもの。王道ファンタジーだが一存のような会話ボケ,ノリの良さ,ダメ人間のマジダメさ加減は健在。→ …続きを読む
    Yobata
    2013年07月20日
    42人がナイス!しています
  • 生徒会の一存を読んでいるものとしては、ギャグが落ち着く。小学生の主人公という設定を意識してるなーと思った。あと、微妙に伏線貼ってるのがいい感じです。なんか主人公ずれてるけど。 生徒会の一存を読んでいるものとしては、ギャグが落ち着く。小学生の主人公という設定を意識してるなーと思った。あと、微妙に伏線貼ってるのがいい感じです。なんか主人公ずれてるけど。
    謡遥@ぼっち党員
    2013年08月12日
    26人がナイス!しています
  • 異世界勇者召喚モノ。ライトノベルにしても「ライト」過ぎる印象がなんかぬぐい切れない。「生徒会」での会話の応酬も軽くはあったけどあの世界感の空気とマッチした「軽さ」だったのに対し今作はなんか温度差という 異世界勇者召喚モノ。ライトノベルにしても「ライト」過ぎる印象がなんかぬぐい切れない。「生徒会」での会話の応酬も軽くはあったけどあの世界感の空気とマッチした「軽さ」だったのに対し今作はなんか温度差というか全体のノリが噛み合っていない感がどうもして・・・終盤戦闘に関してもキャラ設定を活かすためだけにあの特性の敵出したような感じしかせず、幼さと熱さを入り混じらせたトオルよりむしろ現実を知った上であぁいう風に動けるファルディオの方が主人公っぽく感じた …続きを読む
    王蠱
    2013年07月21日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品