妖怪文化入門 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年02月14日
商品形態:
電子書籍

妖怪文化入門

  • 区分表記なし 小松 和彦
発売日:
2013年02月14日
商品形態:
電子書籍

日本の妖怪文化とは何か? 鬼・憑物・天狗・山姥・幽霊・河童から探る。

河童・鬼・天狗・山姥――。妖怪はなぜ絵巻や物語に描かれ、どのように再生産され続けたのか。豊かな妖怪文化を築いてきた日本人の想像力と精神性を明らかにする、妖怪・怪異研究の第一人者初めての入門書。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妖怪文化入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山信仰と妖怪の関係性を知るため「妖怪」の世界に足を踏み入れようと読む。こちら妖怪文化研究の変遷が分かり易く書いている。妖怪の定義から始まり其々の研究成果、そして著者の妖怪研究と「妖怪学」という言葉すら 山信仰と妖怪の関係性を知るため「妖怪」の世界に足を踏み入れようと読む。こちら妖怪文化研究の変遷が分かり易く書いている。妖怪の定義から始まり其々の研究成果、そして著者の妖怪研究と「妖怪学」という言葉すら知らなかった私にとって、ここに書いてある事は初めて知るものばかり。「山信仰と妖怪の関係性」については柳田國男氏の人の恐怖心と山や水の神の零落したモノが河童や山姥等の妖怪になった、零落した神々と恐怖感情の融合説からきている?←著者はこれでは妖怪研究には限界があるとしているが。まだまだ知識不足。次の妖怪本に行く。 …続きを読む
    レアル
    2019年05月11日
    49人がナイス!しています
  • 読友さんのレビューで知った本。「妖怪」と言う概念は、①不可解、不可知の現象、②人智を超えた超自然的な存在、③絵や石、像など造形化たされたこで認識されるもの、の三つの「意味領域」にて存在する。なんて言う 読友さんのレビューで知った本。「妖怪」と言う概念は、①不可解、不可知の現象、②人智を超えた超自然的な存在、③絵や石、像など造形化たされたこで認識されるもの、の三つの「意味領域」にて存在する。なんて言う序章から、痺れちゃいました。妖怪なんてものを真面目に捉える態度。飽くまで生真面目に、フィールドワークを踏まえて論じらている本書に、水木しげる、京極夏彦なんて名前も出てくる。こんなワクワク感はちょっと他にはありませんね。私の本棚の宝物、柳田國男、折口信夫大先生と水木しげる先生は相並ぶ巨頭だったのですね。最高。 …続きを読む
    yamatoshiuruhashi
    2019年05月31日
    39人がナイス!しています
  • 妖怪の入門には最適なのかもしれませんが、それでもちょっとわかりにくかったです。かつてから日本人は怪異や迷信と共に歩んできた歴史があるので、何故それらが続いてきたのか考えずにはいられませんでした。絵画や 妖怪の入門には最適なのかもしれませんが、それでもちょっとわかりにくかったです。かつてから日本人は怪異や迷信と共に歩んできた歴史があるので、何故それらが続いてきたのか考えずにはいられませんでした。絵画や物語に何故異形のものが存在しているのか興味深く追及しています。日本独特とも言える妖怪は、先人の想像力と不思議な自然現象、霊の力を信じたからこそ生まれてきたものなのかもしれませんね。 …続きを読む
    優希
    2014年07月24日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品