ロスト・シンボル(中)

ロスト・シンボル(中) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年11月12日
商品形態:
電子書籍

ロスト・シンボル(中)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
発売日:
2012年11月12日
商品形態:
電子書籍

世界最大の秘密結社、フリーメイソンの謎に迫る!

フリーメイソンの最高位、ピーター・ソロモンを人質に取ったマラークと名乗る謎の男は、“古の神秘”に至る門を解き放てとラングドンに命じた。いっぽうピーターの妹・キャサリンは、研究所に侵入した暴漢に襲われる。ソロモン家の血塗られた過去、代々受け継がれた石のお守りの秘密。ピーターを救うには暗号を解読するしかない! アメリカ建国の祖が首都・ワシントンDCにちりばめた象徴に、ラングドンが立ち向かう。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロスト・シンボル(中)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友人のピーターソロモンから物を預かっているラングドン。種明かしを少しづつするところに著者の妙味が。フリーメイソンについてと,メタシステム、現実のネットでの検索と経路探索。技術と空想と組織とが交錯する。 友人のピーターソロモンから物を預かっているラングドン。種明かしを少しづつするところに著者の妙味が。フリーメイソンについてと,メタシステム、現実のネットでの検索と経路探索。技術と空想と組織とが交錯する。事件の鍵を握るラマークがピーターソロモンの精神科医として登場する。発見角川 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月30日
    162人がナイス!しています
  • フリーメイソンの秘密を追って、ワシントンを逃げ回るラングドンとキャサリン。文字が浮かび上がって終わるのは面白い。下巻を読めということか。 こういったサスペンスは、第一印象が悪い奴は結構いい奴だったり、 フリーメイソンの秘密を追って、ワシントンを逃げ回るラングドンとキャサリン。文字が浮かび上がって終わるのは面白い。下巻を読めということか。 こういったサスペンスは、第一印象が悪い奴は結構いい奴だったり、柔和で物わかりのいい奴が裏切ったりする。そういうどんでん返しもありそうだ。サトウはいい奴か悪いやつか?ベラミーは?まったく目が離せない。下巻に急げ。ピラミッドの秘密は何なのか。楽しみだ。 …続きを読む
    absinthe
    2016年03月04日
    90人がナイス!しています
  • いいですねぇ!思った通りの展開で。まだまだ何か裏があるような雰囲気を思いっきり醸し出しつつ、テンポよく話がすすみ、この先どんなことになるか想像もつかずドキドキしながらあっという間に読了♪ まぁ、撃たれ いいですねぇ!思った通りの展開で。まだまだ何か裏があるような雰囲気を思いっきり醸し出しつつ、テンポよく話がすすみ、この先どんなことになるか想像もつかずドキドキしながらあっという間に読了♪ まぁ、撃たれて、自ら弾を取り出し?それは漫画の世界だろってな突っ込みもしたくはなったが、それぐらいでないと面白みがないから許すw サトウはいったいどっち側なんだ?!やはりこの手のキャラがキーマンだよなぁ なんて思いながら、引き続き難しいウンチクは流し読みしてw最終章へ!! …続きを読む
    どんちん
    2014年05月10日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品