空想科学少女リカ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840149068

空想科学少女リカ

  • 著者 岡崎 弘明
  • 著者 柳田 理科雄
  • イラスト 吾嬬 竜孝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840149068


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「空想科学少女リカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 空想科学シリーズ…の割りには科学分が足りない!と、思ってしまいました。事件自体は興味深いのですが、SFでよくある話が現実ではどうなっちゃうの???っていう本家と比べると、今作はSFのあるあるパターンを 空想科学シリーズ…の割りには科学分が足りない!と、思ってしまいました。事件自体は興味深いのですが、SFでよくある話が現実ではどうなっちゃうの???っていう本家と比べると、今作はSFのあるあるパターンを抜け出すまではいけなかったのかな…。とはいえ、全体的には楽しく読めました。タイムリープ部分の書き方は新しかったので、同じ書き方で多世界解釈とか、多世界解釈ありきの運命論とか、バタフライ効果とかカオス理論とか、シュレーディンガーの猫とか、とか、とか。そんなのを書いてもらえたら楽しそう。 …続きを読む
    hnzwd
    2013年05月22日
    23人がナイス!しています
  • 薀蓄としてはいいけど、小説としては微妙の領域を超えることを出来なかった。これなら雑学書のみでいいだろうという程度の稚拙なストーリーかなと。物語としては茶番劇にすらならない程度の内容で薄っぺらい。「空想 薀蓄としてはいいけど、小説としては微妙の領域を超えることを出来なかった。これなら雑学書のみでいいだろうという程度の稚拙なストーリーかなと。物語としては茶番劇にすらならない程度の内容で薄っぺらい。「空想科学」だから設定はまあいいかという具合で突っ込みきれない、一番理解しがたいのはリカの存在かなと。しかも下手に理屈で固めてあるのに、描写のテンションが高いのでバランスが非常に微妙で読みにくい。用語解説が本当にどうでもいい感じにくだらなくてよかったね。解説、説明はくだらなくてよかった。物語はくだらないだけだった。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年03月16日
    5人がナイス!しています
  • バナナ好きのはっちゃけ娘が事件を巻き起こす。科学的な根拠を織り交ぜて 物語をすすめる発想は面白いが、小説にするならもう少し内容と文章を練ってほしかったなア。科学ものとしては幼稚さが残ってしまう。アニメ バナナ好きのはっちゃけ娘が事件を巻き起こす。科学的な根拠を織り交ぜて 物語をすすめる発想は面白いが、小説にするならもう少し内容と文章を練ってほしかったなア。科学ものとしては幼稚さが残ってしまう。アニメなら良いかもしれないが・・・・・。 …続きを読む
    めだか
    2013年06月07日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品