幽Classics お岩 小山内薫怪談集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840127332

幽Classics お岩 小山内薫怪談集

  • 著者 小山内 薫
  • 編 東 雅夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840127332

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幽Classics お岩 小山内薫怪談集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有名な四ッ谷怪談は昔映画や漫画で観たし、京極作品の伊右衛門は、美しく驚かされたし、これは原作?と借りてみましたら出だしから、え?え?え?の連続。かなり違う、私の聞いてた話と。登場人物も多ければ、酷い人 有名な四ッ谷怪談は昔映画や漫画で観たし、京極作品の伊右衛門は、美しく驚かされたし、これは原作?と借りてみましたら出だしから、え?え?え?の連続。かなり違う、私の聞いてた話と。登場人物も多ければ、酷い人、情のない人の多いこと!そしてもれなく復讐されるので、とても長い念のいった物語で、怖いけど止まらない。祟りだけでなく法のもとに裁かれる者もいて、それは当然のことながら最後まで固まりそうに怖かった。同時収録は、実話だったのでビビって今は開けませんでした。 …続きを読む
    リッツ
    2016年08月20日
    22人がナイス!しています
  • 四谷界隈いったいを飲み込むお岩の怨念。お岩を陥れた一味は勿論、関係のない者までも気が狂い、無残に死んでいく。かつて読んだ四谷怪談の中で最も破壊力のある怨みでした。四谷パニックはキャリーのラストを彷彿と 四谷界隈いったいを飲み込むお岩の怨念。お岩を陥れた一味は勿論、関係のない者までも気が狂い、無残に死んでいく。かつて読んだ四谷怪談の中で最も破壊力のある怨みでした。四谷パニックはキャリーのラストを彷彿とさせます。 …続きを読む
    木崎智行
    2017年05月27日
    4人がナイス!しています
  • お岩さん、顔だけじゃなく性格にも難があるのかと思いきや、バカ野郎なのはその他大勢だった。中盤から始まる復讐が凄すぎて、怪談なのにワクワクしてしまう。自刃できればまだマシな死に方で、死体が歩き出すところ お岩さん、顔だけじゃなく性格にも難があるのかと思いきや、バカ野郎なのはその他大勢だった。中盤から始まる復讐が凄すぎて、怪談なのにワクワクしてしまう。自刃できればまだマシな死に方で、死体が歩き出すところなんてもはやコメディー。鶴屋南北の四谷怪談と一部が違うらしいけれど、これはこれで充分に楽しめた。表紙が黒、ページの外枠も黒で、怪談の雰囲気を盛り上げているし、2ページごとに細かく区切って読みやすくしている点もいい。皿屋敷と牡丹灯籠もないかなぁ …続きを読む
    ZEPPELIN
    2014年05月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品