幽Classics 飛騨の怪談 新編 綺堂怪奇名作選

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年03月05日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840121712

幽Classics 飛騨の怪談 新編 綺堂怪奇名作選

  • 著者 岡本 綺堂
  • 編集 東 雅夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年03月05日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840121712

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幽Classics 飛騨の怪談 新編 綺堂怪奇名作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長編・戯曲が一つずつ、実話怪談の短編少し。綺堂の他の怪奇小説に比べるとこれは民俗学的興味の濃い作品で、また人情話的要素も強い印象。キャラクターも風俗もなかなかに興味深かったのですが、他の綺堂のサンカを 長編・戯曲が一つずつ、実話怪談の短編少し。綺堂の他の怪奇小説に比べるとこれは民俗学的興味の濃い作品で、また人情話的要素も強い印象。キャラクターも風俗もなかなかに興味深かったのですが、他の綺堂のサンカを扱った作品と同様、綺堂(というより当時の知識人かしら)の人権意識の低さが随所に感じられて、まあ仕方ないとは思いながらもちょっと興ざめだったりしました。実話系怪談は内容よりも語りの巧みさで読ませます。端正な文章がどこかで聞いたような怪談をフレッシュなものにしてくれました。【真夏のホラー・怪談読書月間】に参加中。 …続きを読む
    シガー&シュガー
    2016年08月10日
    15人がナイス!しています
  • 岡本綺堂さん、初読み。とても読みやすく、面白かったです。長編の方は怪談というよりも民話、地域の歴史と言っても良いような気もします。山村ってどうして、こう怪談が似合うんでしょうね。他の作品も読んでみよう 岡本綺堂さん、初読み。とても読みやすく、面白かったです。長編の方は怪談というよりも民話、地域の歴史と言っても良いような気もします。山村ってどうして、こう怪談が似合うんでしょうね。他の作品も読んでみようかなぁ。 …続きを読む
    深青
    2016年12月13日
    14人がナイス!しています
  • 綺堂という美しい名前の通り、端麗な文章。 綺堂という美しい名前の通り、端麗な文章。
    アントモーサ
    2016年12月01日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品