アフリカ旅日記‐ゴンベの森へ

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月23日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784889919158

関連作品有り

アフリカ旅日記‐ゴンベの森へ

  • 著者 星野 道夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月23日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784889919158

メディアミックス情報

NEWS

「アフリカ旅日記‐ゴンベの森へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 静まり返ったアラスカのツンドラの大地。対照的にアフリカの熱帯雨林の中は数多の生命の賑わいだ。どちらも過酷な自然だと私たちは言う。しかし彼らは自分たちが住まう環境が当たり前。過酷だなどと思う者はいない。 静まり返ったアラスカのツンドラの大地。対照的にアフリカの熱帯雨林の中は数多の生命の賑わいだ。どちらも過酷な自然だと私たちは言う。しかし彼らは自分たちが住まう環境が当たり前。過酷だなどと思う者はいない。往き過ぎる者と暮らす者の意識の乖離。また動物保護のお題目を唱える文明社会と、密猟しないと家族を養えない現地の人たち。彼らに密猟させているのは同じ文明社会であることの矛盾。チンパンジーのフィフィと肩を並べ座るジェーンの後ろ姿。二人の絆は確実にある。互いが今そこに存在し、それを許し合っている。そんな美しい一瞬だ。 …続きを読む
    2018年02月20日
    58人がナイス!しています
  • 読友さんに本書を勧められて。チンパンジーの研究者ジェーン・グドールさんらと共に、星野さんがタンザニアのコンゴの森にチンパンジーを見に出かけた10日間のエッセイ。アフリカと星野さんが住んでいるアラスカと 読友さんに本書を勧められて。チンパンジーの研究者ジェーン・グドールさんらと共に、星野さんがタンザニアのコンゴの森にチンパンジーを見に出かけた10日間のエッセイ。アフリカと星野さんが住んでいるアラスカとは遠く離れているが抱える問題は近代化の波と自然保護である。その中で星野さんは思う。「風景を眺めているようで、多くの場合、私たちは自分自身を含めた誰かを思い出しているのではないか」「クマと出会うのではなくその風景を天空から見ている様な自分を考えることで人間のいない世界へ流れる自然の気配を想像する不思議さである」 …続きを読む
    KEI
    2021年09月16日
    40人がナイス!しています
  • 星野さんといえばアラスカなんだけど、彼が亡くなる直前に訪れたアフリカ・ゴンべの森への旅行記。星野さんと行動を共にするジェーン・グドール博士は、よく似ていると思った。過酷な自然ではなく、豊かな世界に生き 星野さんといえばアラスカなんだけど、彼が亡くなる直前に訪れたアフリカ・ゴンべの森への旅行記。星野さんと行動を共にするジェーン・グドール博士は、よく似ていると思った。過酷な自然ではなく、豊かな世界に生きていると感じ、人との出会いを大切にされている。アフリカにもアラスカにも行ってみたい。 …続きを読む
    あかぽち
    2018年04月03日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品