図書館の水脈 海辺のカフカRMX

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年04月09日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840110686

図書館の水脈 海辺のカフカRMX

  • 著者 竹内 真
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年04月09日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840110686

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「図書館の水脈 海辺のカフカRMX」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 竹内真さんの 図書館シリーズ2冊(キリギリス、ピーナッツ)を読んだので、同じ図書館シリーズ?と思って、図書館から借りてきましたが、ちょっと違いました。村上春樹へのオマージュ作品。『海辺のカフカ』と、『 竹内真さんの 図書館シリーズ2冊(キリギリス、ピーナッツ)を読んだので、同じ図書館シリーズ?と思って、図書館から借りてきましたが、ちょっと違いました。村上春樹へのオマージュ作品。『海辺のカフカ』と、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』をまぜこぜにしたような。途中で、眠る女みたいな人も出てきたり、ほんと、この方は、村上春樹さんが好きなんだろうな、というのを感じました。ラストの井戸をふさいでいる石の話。このあたりは、まさに村上春樹っぽいなと思いました。感じる雰囲気は、もっと明るい感じでしたが。 …続きを読む
    ジュール リブレ
    2019年05月17日
    30人がナイス!しています
  • 【図書館】図書館に泊まったり、本がきっかけで出会いがあったり、本の舞台を巡って旅をしたり…いいなあ、読んでいて羨ましくなってしまいました。村上春樹さんの作品を読んでいればなお楽しめたのかな。 【図書館】図書館に泊まったり、本がきっかけで出会いがあったり、本の舞台を巡って旅をしたり…いいなあ、読んでいて羨ましくなってしまいました。村上春樹さんの作品を読んでいればなお楽しめたのかな。
    あや
    2013年09月29日
    13人がナイス!しています
  • 2004年4月刊。「図書館」繋がり。叔父が警備をしていた図書館の畳敷きの小上がりに寝泊まりしていたことがあるというありえない設定にため息。登場人物が四国で出会ってからが境地ですが、なんとも収まりが悪い 2004年4月刊。「図書館」繋がり。叔父が警備をしていた図書館の畳敷きの小上がりに寝泊まりしていたことがあるというありえない設定にため息。登場人物が四国で出会ってからが境地ですが、なんとも収まりが悪い作品でした。村上春樹作品がたくさん出てくるので、それらを読んでいたり、村上作品が好みだったりする方には楽しめる作品なのかも知れません。 …続きを読む
    びすけっと
    2014年09月11日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品