横浜今昔散歩

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784806133759

横浜今昔散歩

  • 著者 原島広至
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784806133759

150年前まで、戸数わずか百戸程度の半農半漁の寒村だった横浜が、日本を代表する国際港湾都市への発展を遂げる。その移り行く姿を絵はがきや古写真を通して眺めることができる一冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「横浜今昔散歩」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「横に長い浜」という由来を持つ横浜(諸説あり)。入海の干拓によって造成されたこの横浜村は開港前まで100軒足らずしか家がなかったらしい。それがペリー来航によって開港した後は外国人居留地の開発で文明開化 「横に長い浜」という由来を持つ横浜(諸説あり)。入海の干拓によって造成されたこの横浜村は開港前まで100軒足らずしか家がなかったらしい。それがペリー来航によって開港した後は外国人居留地の開発で文明開化の香り漂う地に。明治以降の手彩色絵はがきをみているだけで、当時の日本人がこれから迎える横浜の発展に浮き立つ様子が感じられてワクワクしてしまう。西洋文化の象徴である建物や桟橋に浮かぶ船や舶来品を観ていた着物姿の人たちは日本にいながら西洋に行ったかのような気持ちだったのではないだろうか。 …続きを読む
    オリーブ
    2017年01月29日
    9人がナイス!しています
  • 過去の絵葉書をもちいて新旧の横浜を比較した企画本。震災や戦禍の影響で横浜には古い建物はあまり残っていないが、開港時から町の基本プランは変わっていないので、昔に思いを馳せながら町歩きをすることができる。 過去の絵葉書をもちいて新旧の横浜を比較した企画本。震災や戦禍の影響で横浜には古い建物はあまり残っていないが、開港時から町の基本プランは変わっていないので、昔に思いを馳せながら町歩きをすることができる。 …続きを読む
    ぺっ君
    2019年02月19日
    8人がナイス!しています
  • 読み返す。7年前、まさか本に描かれてる場所で働くなんて思いもよらなかったなー。 読み返す。7年前、まさか本に描かれてる場所で働くなんて思いもよらなかったなー。
    らっそ
    2016年09月27日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品