斉藤和義本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
292
ISBN:
9784047318991

斉藤和義本

  • 著者 斉藤 和義
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
292
ISBN:
9784047318991

初エッセイ本『斉藤和義本』が「別冊カドカワの本」シリーズで発売!

デビュー20周年を記念して斉藤和義の初エッセイ本を発売。音楽のことから、猫のこと、恋や愛について! その楽曲とともに、彼の思いを綴った単行本。斉藤和義の“これまで”そして“これから”を感じてほしい。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「斉藤和義本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これを読んで更に著者のことが分かりました(^^)何処までも自然体!ファンには、贅沢な一冊です(*^^*) これを読んで更に著者のことが分かりました(^^)何処までも自然体!ファンには、贅沢な一冊です(*^^*)
    らったった
    2014年06月15日
    87人がナイス!しています
  • 弾き語り、ロック、ブルースやラテン調の曲も演奏し、ギターだけではなくピアノやドラム、ウクレレも操ってしまう。カッコよく演奏したと思ったら、MCになるとけろりとして、時に下ネタを言う。怒りを怒りとして表 弾き語り、ロック、ブルースやラテン調の曲も演奏し、ギターだけではなくピアノやドラム、ウクレレも操ってしまう。カッコよく演奏したと思ったら、MCになるとけろりとして、時に下ネタを言う。怒りを怒りとして表現しない器用なところも持ちながら、感情にストレートな歌も歌い、非難を受けても決してブレない。本当に飄々としていて捉えどころがない。いったいどんな人なのかと、本書に答えを求めて読んでみたのだけれど、やっぱり斉藤さんは飄々としていた。それでも、彼が自分にとって最高のロッケンローラーだということに、変わりはない。 …続きを読む
    大泉宗一郎
    2016年04月02日
    28人がナイス!しています
  • 過去から現在までのいろんなエピソードをインタビューのように話てて、面白かった。読んでる時、ずっとあの飄々としたしゃべり方が頭の中で流れてて、まるで映像やライブのMCのような感じでした。こないだの武道館 過去から現在までのいろんなエピソードをインタビューのように話てて、面白かった。読んでる時、ずっとあの飄々としたしゃべり方が頭の中で流れてて、まるで映像やライブのMCのような感じでした。こないだの武道館が印象深かったからかな。今までも、これからもきっと、生活のいろんな場面で聴いていくアーティストだなぁ。 …続きを読む
    アイマール
    2014年02月27日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品