第29回 横溝正史ミステリ大賞 優秀賞

角川文庫

僕と『彼女』の首なし死体

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041005330
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第29回 横溝正史ミステリ大賞 優秀賞

角川文庫

僕と『彼女』の首なし死体

  • 著者 白石 かおる
  • イラスト 夢花 李
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041005330

冬の朝、僕は生首を置きに行く。彼女の願いを叶えるために--

僕・白石かおるは商社勤めのサラリーマンだ。自宅で切り落とした女性の首を渋谷ハチ公前に置き、ある知らせを待っている。はたして僕の真意は?……鮮烈な哀しみに満ちた青春ミステリ!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕と『彼女』の首なし死体」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白い事は面白いが、若干消化不良気味な一冊でした。私は主人公のかおる君には共感できた部分とできない部分が混在していますね。首を切り落とした女性に対して、愛情は無かったと主人公は言っているが、果たして本 面白い事は面白いが、若干消化不良気味な一冊でした。私は主人公のかおる君には共感できた部分とできない部分が混在していますね。首を切り落とした女性に対して、愛情は無かったと主人公は言っているが、果たして本心だったのであろうか?彼は純粋で幼稚すぎるほどのハートを持ち合わせているが故の言葉ではないだろうかと勝手に解釈してしまいました。そして、死者の言葉のままに行動に移している姿は大人にはなりきれていない在りようなのではとも思いました。それにしても、死体損壊とかの罪が無いものとなるとは大人の勝手すぎる。罪は罪です。 …続きを読む
    ちょこまーぶる
    2016年01月23日
    64人がナイス!しています
  • 表紙が大好きな夢花李さん(佐原ミズさんでもあります)。そして、奇抜なタイトルに興味を惹かれ手に取った一冊。主人公の名前は、著者と同じ「白石かおる」。女のような名前の男である彼は、ある日渋谷のハチ公前に 表紙が大好きな夢花李さん(佐原ミズさんでもあります)。そして、奇抜なタイトルに興味を惹かれ手に取った一冊。主人公の名前は、著者と同じ「白石かおる」。女のような名前の男である彼は、ある日渋谷のハチ公前に、女性の生首を鎮座させます。なぜ、生首を目立つ場所に放置したのでしょうか?事件の犯人にも関わらず、平然と仕事をこなして行く主人公…。このまま未解決で事件が終わるのかと思いきや、小さな綻びが、徐々に犯人を導く手がかりに結びついていきます。主人公の飄々とした態度が殺人事件に似合わず、ラノベを読んでいるようでした。 …続きを読む
    ゆかーん
    2016年06月26日
    55人がナイス!しています
  • なんだか超越した主人公に高校生が書く文集に出てくるような同僚その他諸々の登場人物。動機もまったく筋が通っておらず、そもそもそんな希薄な動機で人の首を切り落とせる神経があり得まい。酪農家で牛の解体なんて なんだか超越した主人公に高校生が書く文集に出てくるような同僚その他諸々の登場人物。動機もまったく筋が通っておらず、そもそもそんな希薄な動機で人の首を切り落とせる神経があり得まい。酪農家で牛の解体なんてやるか、とか腹を刺された人間が歩けるか(立つためだけでもどれだけ腹筋を使ってるか、という話)、死体損壊は民間企業が闇に葬れるほど軽い罪じゃないぞ、とかツッコミどころ満載。さらに東日本大震災を実際に知った読者には、作中の地震にまつわるエピソードは却ってリアリティに乏しい。あと電装品に関してもツッコみたいが字数が …続きを読む
    flying frog
    2017年02月19日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品