アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784041102619

アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題

  • 著者 田辺 寿夫
  • 著者 根本 敬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784041102619

民主化運動指導者の思想と、ミャンマーのいまを分かりやすく解説。

3度目の長期軟禁から解放され、国民民主連盟(NLD)を率いてミャンマー民主化へ確実に歩を進める改革の指導者・アウンサンスーチー。その思想と生涯、そして激変するアジアにおけるミャンマーの情勢を解説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 広島と長崎への原爆投下をどう評価するかをめぐる議論において、アウンサンスーチーの思想に含まれる普遍性がこのテーマにおいて鮮明に見えてくる。1945年8月6日と9日の広島・長崎への原爆投下は、日本では核 広島と長崎への原爆投下をどう評価するかをめぐる議論において、アウンサンスーチーの思想に含まれる普遍性がこのテーマにおいて鮮明に見えてくる。1945年8月6日と9日の広島・長崎への原爆投下は、日本では核兵器の使用による悲惨な死と苦しみを招いた悲劇だ。一方で、原爆投下は結果的に日本のポツダム宣言受諾を早め、投下しなかった場合の日米双方の人的損害予測と比べ犠牲者数が少なくて済んだのだから、正しい決断であったという見方も存在する。正しい目的と正しい手段が一致しないものは正しいとは言えない分かりやすい事例だ。 …続きを読む
    Kentaro
    2019年11月21日
    30人がナイス!しています
  • 明治維新から日露戦争までは約40年。わが国は、欧米が数世紀を要した国造りを極めて短期間で終えた。大東亜戦争で宗主国が一掃され、アジア各国は独立の機会を得た。70年という時間軸をどう評価するかは各国の価 明治維新から日露戦争までは約40年。わが国は、欧米が数世紀を要した国造りを極めて短期間で終えた。大東亜戦争で宗主国が一掃され、アジア各国は独立の機会を得た。70年という時間軸をどう評価するかは各国の価値観、共産主義でも、軍国主義でも、人治主義でも、適していれば外から文句を言う筋合いではない。但し、国家機構といえども私されるとリーダーの寿命とともに滅びる。民主化支援はこの歴史的経験を踏まえているはずだが、既得権擁護や権力闘争などという予期せぬ結果を生む。問われているのは、自らを助ける力、国民の質なのだ。 …続きを読む
    Miyoshi Hirotaka
    2015年07月28日
    27人がナイス!しています
  • アウンサンスーチー率いる政党NLDが選挙で圧勝してもなお、軍政が終わらないビルマの政情に疑問を感じて読み始めたのだが、その理由が、スーチーの思想そのものにあったことを知らされ、大いに驚いた。長期間の理 アウンサンスーチー率いる政党NLDが選挙で圧勝してもなお、軍政が終わらないビルマの政情に疑問を感じて読み始めたのだが、その理由が、スーチーの思想そのものにあったことを知らされ、大いに驚いた。長期間の理不尽な軟禁を含め、あれほど軍部の強権を身をもって晒されてきた彼女が、表舞台に復帰し、多くの国民の後押しがあってなお、軍部との対話を重要視し、軍部に歩み寄ろうとすらする姿勢を持っているのだ。それは、目には目を歯には歯をでは、何も解決しないという彼女の心情を映している。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2012年08月19日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品