金木犀二十四区

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041102299

金木犀二十四区

  • 著者 三木 笙子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041102299

和花屋&山伏コンビが挑む懐かしい街の不思議な謎

金木犀の御神木が見守る都心にあって昔懐かしい家並みが残る街。ここで和花屋を営む秋は山伏の岳史と隕石が引き起こすという怪現象に遭遇して……異色青年コンビが解き明かす、不思議で優しい街の謎。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金木犀二十四区」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 涼やかな風にひらめく香が季節のおとないを告げる。空へと広げた枝に幾千もの橙の星を燈して街を包む。まためぐり来る秋を寿いで。野に咲く慎ましやかな花のように、東都の名残息づく土地でずっと暮らしていくことを 涼やかな風にひらめく香が季節のおとないを告げる。空へと広げた枝に幾千もの橙の星を燈して街を包む。まためぐり来る秋を寿いで。野に咲く慎ましやかな花のように、東都の名残息づく土地でずっと暮らしていくことを望んで。天から墜ちた石、安らかな日々へと突き刺さる。山から舞い降りた白、穏やかな日常を賑やかす。向き合わねばならぬ傷、知らぬままでいい秘密。還る場所は此処だけとの想い。生を受けた異国よりも、黄金の花咲くこの街と共に生き続けていたいとの願い。地に降った星屑は次の年の花へと変わる。まためぐり逢う秋を待ちわびて。 …続きを読む
    ちはや@灯れ松明の火
    2013年04月25日
    96人がナイス!しています
  • 三木笙子さん初読み。タイトルの金木犀二十四区に魅せられ、思わず購入。東京23区に1つ区を加え、それぞれに花の名称を与えたあたりは、なるほどのアイディア。物語の出だしは、そんな由来の話や天狗とか隕石とか 三木笙子さん初読み。タイトルの金木犀二十四区に魅せられ、思わず購入。東京23区に1つ区を加え、それぞれに花の名称を与えたあたりは、なるほどのアイディア。物語の出だしは、そんな由来の話や天狗とか隕石とか、不思議な出来事がとても面白いんだけど、話が進むにつれだんだんそれがなくなっていく。加えて、ちょっとくどさを感じる。何故なんだろうと思っていたら、これっていわゆる携帯(スマホ)小説だったのね。角川さんも、書籍化するのであればもっと徹底して加筆修正をしてもらわなくちゃ。それに僕としては、秋は女性なんだけどなぁ。 …続きを読む
    kishikan
    2012年12月01日
    93人がナイス!しています
  • 一言で言うならノスタルジア。違い棚に生けられる桔梗や竜胆の様な和花。奥ゆかしい香りと、びろうどのような手触り。かつては大君がおわします花の都。花の香で季節を覚える様な人々の気持ちにより、各々花の名前を 一言で言うならノスタルジア。違い棚に生けられる桔梗や竜胆の様な和花。奥ゆかしい香りと、びろうどのような手触り。かつては大君がおわします花の都。花の香で季節を覚える様な人々の気持ちにより、各々花の名前を冠した土地。その中に忘れ去られた小さな土地、樹齢1200年の金木犀に抱かれて殊更に花を愛する人の多い町、金木犀二十四区。緑の手を持つ『靡』の青年、秋と山伏で『星当番』の青年岳史の青年MEETS青年ストーリー。二度咲いたはずの金木犀。その香りを今年は覚えてない。二人で駆け抜けた風の、つんとした匂いだけ覚えてる。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2013年02月23日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品