千里眼の瞳 完全版 クラシックシリーズ5

千里眼の瞳 完全版 クラシックシリーズ5 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年11月02日
商品形態:
電子書籍

千里眼の瞳 完全版 クラシックシリーズ5

  • 区分表記なし 松岡 圭祐
発売日:
2011年11月02日
商品形態:
電子書籍

今明かされる、友里佐知子の衝撃の過去とは?

山手トンネル事件を生き抜いた岬美由紀の前に再び姿を現した友里たち。その対決の末にメフィスト・コンサルティングが最も危険な存在だとマークしたのは、美由紀だった。そんな中、北朝鮮の支配者の息子が偽装旅券の使用で身柄を拘束され、同行していた女性の発言が波紋を呼ぶ。美由紀が自衛隊時代に体験した北朝鮮ミグ機の迎撃と拉致事件との二転三転する結末を、息もつかせぬ展開で描いた、クラシックシリーズ第5弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「千里眼の瞳 完全版 クラシックシリーズ5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歴史小説家に転身した(?)松岡さんの原点ともいえる千里眼シリーズ。そのクラシックver第5弾の本作は、前作の目を覆わんばかりのスプラッターテイストから一転して、じっくりしたヒューマニズム重視の趣向とな 歴史小説家に転身した(?)松岡さんの原点ともいえる千里眼シリーズ。そのクラシックver第5弾の本作は、前作の目を覆わんばかりのスプラッターテイストから一転して、じっくりしたヒューマニズム重視の趣向となっているため、美由紀の人間臭さが随所に垣間見えるのが嬉しい。また、謎めいた北朝鮮の女工作員リ・スギョンやメフィストのダビデといった新キャラも立っていて、ストーリーにさらなる膨らみと今後への期待を持たせます。リ・スギョン、意外といい奴かも。シリーズは全22作。先は長いけれど、松岡エンタメ作品、僕は好きだなあ。 …続きを読む
    utinopoti27
    2017年11月08日
    81人がナイス!しています
  • クラシックシリーズ第5弾!シリーズの大きな転換を迎えた作品、恩師であり最大の敵との最後、新たなる敵?の登場、何より美由紀の内面の変化、今後のシリーズ構成に重要な要因がふんだんに盛り込まれています。しか クラシックシリーズ第5弾!シリーズの大きな転換を迎えた作品、恩師であり最大の敵との最後、新たなる敵?の登場、何より美由紀の内面の変化、今後のシリーズ構成に重要な要因がふんだんに盛り込まれています。しかし少し描写が細かく、そしてこのページ数、読み終わるのに結構かかりました。 …続きを読む
    MarsAttacks!
    2010年10月06日
    12人がナイス!しています
  • 美由紀の自衛隊時代の話が緊迫感があってよかった。主人公がサイボーグのように強いのは、ちょっといかしてるとはいえ、危なげなさ過ぎて、少し緊張感を欠く。でも、最後はうまくまとめた感じ。少し感涙もの。 美由紀の自衛隊時代の話が緊迫感があってよかった。主人公がサイボーグのように強いのは、ちょっといかしてるとはいえ、危なげなさ過ぎて、少し緊張感を欠く。でも、最後はうまくまとめた感じ。少し感涙もの。
    じゆうじん
    2018年04月22日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品