角川文庫(海外)

人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041002582

角川文庫(海外)

人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

  • 著者 カレル・ヴァン・ウォルフレン
  • 訳者 井上 実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041002582

「陸山会」公判の背後に、戦後日本が抱え続ける「闇の構図」を暴き出す――

日本取材歴30年以上のオランダ人ジャーナリストが、「小沢一郎」問題の背後に潜む”非公式権力”とその支配の構図に斬り込む。小沢氏自身が公判で引用した問題の書が、著者と小沢氏の公開対談を収録して文庫化!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真の政治家は日本にいないか? の痛烈な疑問(4頁)。また逆戻りの政治に何の希望ももてないのが実態。政治とカネの問題は、またか、ということの繰り返しで、低投票率という政治不信が根深いのだ。ある特定個人を 真の政治家は日本にいないか? の痛烈な疑問(4頁)。また逆戻りの政治に何の希望ももてないのが実態。政治とカネの問題は、またか、ということの繰り返しで、低投票率という政治不信が根深いのだ。ある特定個人を集団や組織が潰してしまう、恐ろしいいじめが横行する社会が、日本だったらたまらない。世間の評判を落とす人物破壊(35頁)。仕組まれた罠である。悍ましい。「日本の官僚たちの間では、自分の目的を達成するために、法律のなかから適切なものを選び出すという習慣が長いこと続いてきた」(69頁)。自己保身の無謬。日本相対化。 …続きを読む
    壱萬縁冊
    2013年05月10日
    11人がナイス!しています
  • 孫崎享氏がツイッターでウォルフレン氏を紹介していたので読んでみた。「出る杭は打たれる」という言い回しがあるが、まさかそれが日本を動かす仕組みに組み込まれているとは。。。ホラー小説のような題名だが、内容 孫崎享氏がツイッターでウォルフレン氏を紹介していたので読んでみた。「出る杭は打たれる」という言い回しがあるが、まさかそれが日本を動かす仕組みに組み込まれているとは。。。ホラー小説のような題名だが、内容もある意味ホラーだった。このままでは日本はアメリカに飼い殺しにされるんじゃなかろうか。ところで、「秩序を保つための非公式なシステムが出来上がっており、誰か特定の人物の意図と関係なくものごとが処理されていく」という図式は、伊坂幸太郎の「モダンタイムス」で書かれたモチーフと似ているなと思った。 …続きを読む
    くにお
    2013年06月11日
    3人がナイス!しています
  • 今まで自分が正しいだろうと思っていた見方や、価値観が強く揺さぶられることを読書に期待しているが、この本は期待以上の内容だった。国策捜査や、特定個人を執拗に攻撃し社会的に抹殺しようとするマスコミについて 今まで自分が正しいだろうと思っていた見方や、価値観が強く揺さぶられることを読書に期待しているが、この本は期待以上の内容だった。国策捜査や、特定個人を執拗に攻撃し社会的に抹殺しようとするマスコミについて伝えられる情報は少ないが、「この国はおかしい」と薄々感じている人は少なくないと思う。著者は私が何となく、うすぼんやりと抱いていたこの国への不安を明文化している。日本は米国追従の政策を続けていると、将来的に破滅するだろう、という読後の焦燥感は是非多くの人に味わってもらいたい。 …続きを読む
    Holger
    2012年08月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品