てんてん 日本語究極の謎に迫る

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年01月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047035003

てんてん 日本語究極の謎に迫る

  • 著者 山口 謡司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年01月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047035003

わたしたちが当たり前に使っている「濁点」は、画期的な発明だった!

〈目次〉
はじめに
第一章 日本語の増殖
第二章 万葉仮名で書く日本語
第三章 〈かな〉前夜
第四章 清なる世界が創られる
第五章 言葉は曼荼羅
第六章 訓読と濁点
第七章 言葉遊びの文化
第八章 みんなで極楽へ
第九章 キリシタンと濁音
第十章 江戸と濁音
第十一章 言葉は科学である
第十二章 濁点の研究
参考文献
おわりに

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「てんてん 日本語究極の謎に迫る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • コミックに頻出する奇妙なカナ表記。これには先例があった! かつて日本語には濁音で始まることばはほとんどなかったが、さらに濁音をあえて表記しない理由があった。というのがテーマ。先人の工夫が、さまざまな音 コミックに頻出する奇妙なカナ表記。これには先例があった! かつて日本語には濁音で始まることばはほとんどなかったが、さらに濁音をあえて表記しない理由があった。というのがテーマ。先人の工夫が、さまざまな音を表記していく歴史は、コミックの文字にも根拠を与えそうだ。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2014年10月20日
    24人がナイス!しています
  • 濁点の(なかなか出てこない)歴史を追った研究。気になった点(1)\清濁を「有声」「無声」で分類することは不適当\とは(2)ラテン語 VITA の発音は元々ウィタなので森鴎外が『ヰタ』と書くことをヴィタ 濁点の(なかなか出てこない)歴史を追った研究。気になった点(1)\清濁を「有声」「無声」で分類することは不適当\とは(2)ラテン語 VITA の発音は元々ウィタなので森鴎外が『ヰタ』と書くことをヴィタと\書けなかった\と主張するのは勘違いなのでは。全体的にあまりすっきりはしない …続きを読む
    mft
    2018年07月08日
    2人がナイス!しています
  • 歴史言語学がお好きな方にはお勧めです。 歴史言語学がお好きな方にはお勧めです。
    まーれ
    2014年04月21日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品