試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784044054045

昭和短歌の精神史

  • 著者 三枝 昂之
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784044054045

強靱な短歌的抒情の力を激賞された画期的論考!

斎藤茂吉、窪田空穂、釈迢空、佐々木信綱――。戦中・戦後の占領期を生き抜いた歌人たちの暮らしや想いを、当時の新聞や雑誌、歌集に戻り再現。その内面と時代の空気や閉塞感を浮き彫りにする革新的短歌史。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「昭和短歌の精神史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 500頁以上ある労作。戦前・戦中・戦後の短歌をありのままに示し、当時の人々の心性に迫らうといふもの。斎藤茂吉、窪田空穂、近藤芳美、そして塚本邦雄等の軸になる代表的歌人らを追ひながら、満州・学徒出陣・沖 500頁以上ある労作。戦前・戦中・戦後の短歌をありのままに示し、当時の人々の心性に迫らうといふもの。斎藤茂吉、窪田空穂、近藤芳美、そして塚本邦雄等の軸になる代表的歌人らを追ひながら、満州・学徒出陣・沖縄戦・長崎原爆といふ事と場に纏はる「無名」の人々の歌をも取り上げてゐるのがよい。 残念な点。戦後の戦争協力者を糾弾する人々の矛盾を批判するのは良いとしても、戦中の時局迎合的な歌を「只只其儘当時としては当たり前だつた」以上の意味付けをしないと、皮相な批判になつてしまふ気がした。位置づけてはあるのだらうが、 …続きを読む
    浅香山三郎
    2018年01月03日
    13人がナイス!しています
  • まず、本書は昭和短歌と銘打ってはいるが、その記述が取り扱うのは占領期の終わりまでである。最近読んだ大澤真幸の昭和というのは30年代くらいまでしか昭和と記載されなくて、あとは大体西暦を使って論じられると まず、本書は昭和短歌と銘打ってはいるが、その記述が取り扱うのは占領期の終わりまでである。最近読んだ大澤真幸の昭和というのは30年代くらいまでしか昭和と記載されなくて、あとは大体西暦を使って論じられるという記述を思い出す。 かねてより名作と言われるだけある。虚心坦懐に戦前戦後双方のイデオロギーを排して「精神史」の記述に徹するのは、出版当時最も求められていた戦時中の作品を批評する態度なのだろう(当時知らんけど)。 …続きを読む
    すずき
    2019年05月12日
    3人がナイス!しています
  • 十五年戦争から占領期にかけての短歌の歴史かつ短歌から見た昭和史。社会の動きに反応する歌は市井が同時代をどのように見ていたのかをよく表していて興味深い。戦時中は戦意高揚の歌を作った歌人が戦争協力者として 十五年戦争から占領期にかけての短歌の歴史かつ短歌から見た昭和史。社会の動きに反応する歌は市井が同時代をどのように見ていたのかをよく表していて興味深い。戦時中は戦意高揚の歌を作った歌人が戦争協力者として批判される件は答えのない問題だと思った。また、文学としての短歌が、第二芸術論で退勢に陥り、さらには内部からの批判的な動きとして前衛短歌が生まれてくるなど(このへん第一次大戦後のクラシック音楽とも似ていると思った)、短歌発展史としても面白い。昭和史を軸にいろいろな歌人に触れることができて良かった。 …続きを読む
    Ucchy
    2017年08月08日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品