私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046532480

関連作品有り

私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り

  • 著者 山本 淳子
  • 装丁 谷口 広樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046532480

『源氏物語』の第一人者が「紫式部の一人語り」で描く、源氏物語の時代!

侍女になりたくなかった紫式部が中宮の侍女となった理由、宮中の人付き合いの難しさ、主人中宮彰子への賛嘆、ライバル清少納言への批判……。『源氏物語』の時代の宮廷生活、執筆動機がわかる!

メディアミックス情報

NEWS

「私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 紫式部が自身のことを語る形で書かれています。 これは以前読んだ「源氏物語が読みたくなる本」のような入門書という感じではなく専門書、上級者向けです。 清少納言から見た「枕草子のたくらみ」と合わせて比較し 紫式部が自身のことを語る形で書かれています。 これは以前読んだ「源氏物語が読みたくなる本」のような入門書という感じではなく専門書、上級者向けです。 清少納言から見た「枕草子のたくらみ」と合わせて比較して読むとそれぞれの立場の違いがよくわかる。 一条天皇の頃のこの時代、面白いです。 …続きを読む
    14番目の月
    2017年08月25日
    39人がナイス!しています
  • 宮仕えには出たものの数日で自宅に引きこもってしまう紫式部に今こそ共感が寄せられるのでは? 夫に先立たれ不本意ながらOL(女房)となり、やがて上司の人柄に触れて職務の意義に目覚めていった「女房業務実践例 宮仕えには出たものの数日で自宅に引きこもってしまう紫式部に今こそ共感が寄せられるのでは? 夫に先立たれ不本意ながらOL(女房)となり、やがて上司の人柄に触れて職務の意義に目覚めていった「女房業務実践例・女房心得」の書です。定子の死後も『枕草子』がそのサロンの魅力を放ち続けたのに対するように敬愛する彰子の時代を後世に残したくて書かれたのが『源氏の物語』なのですね。一条院や実弟の辞世の解釈の場面には胸を打たれました。研究の成果を本人のモノローグ「私語り」に纏めあげるのは一つの理想ではないでしょうか。GJです! …続きを読む
    kuri8655
    2013年04月02日
    37人がナイス!しています
  • 紫式部の「心の伝記」のような素敵な作品。紫式部本人のことや周りのあれこれが見えてくる。特に様々な年代・場面での彰子の気持ちを想像すると苦しい。紫式部目線だとやっぱり清少納言が嫌な女に見える…清少納言側 紫式部の「心の伝記」のような素敵な作品。紫式部本人のことや周りのあれこれが見えてくる。特に様々な年代・場面での彰子の気持ちを想像すると苦しい。紫式部目線だとやっぱり清少納言が嫌な女に見える…清少納言側から見れば紫式部が嫌な感じに見えるし、このへんは時代と女だなぁ。あと和泉式部に関して歌人ということくらいしか知らなかったので、こんなに歌が上手くて恋愛がすごかったなんて驚きでもっと知りたくなった。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2014年08月23日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品