試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044005818

紫式部ひとり語り

  • 著者 山本 淳子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044005818

『源氏物語』の第一人者が「紫式部の一人語り」で描く、源氏物語の時代!

侍女になりたくなかった紫式部が中宮の侍女となった理由、宮中の人付き合いの難しさ、主人中宮彰子への賛嘆、ライバル清少納言への批判……。『源氏物語』の時代の宮廷生活、執筆動機がわかる!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紫式部ひとり語り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『源氏物語』や出仕生活、晩年に人生を振り返っての心境などを、『紫式部日記』と『紫式部集』を資料として書かれたもの。題名通り独白形式なので、生き生きとしていて読みやすい。不本意な出仕だったが、自分の役割 『源氏物語』や出仕生活、晩年に人生を振り返っての心境などを、『紫式部日記』と『紫式部集』を資料として書かれたもの。題名通り独白形式なので、生き生きとしていて読みやすい。不本意な出仕だったが、自分の役割を自覚し、中宮彰子を盛り立て、職務を全うする姿は目覚ましかった。定子の影が色濃く残る宮廷で、彰子が努力し成長していくさまも印象が強かった。『源氏物語』がどういうものかも、少し分かったように思う。 …続きを読む
    kuchen
    2020年03月20日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品