レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784041100738

レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解く

  • 著者 西部 謙司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784041100738

キンタ・デル・ブイトレ――。「育成」とはかつてレアルの代名詞であった。

類稀なビッグクラブであるレアルとバルサ。あなたはこの2チームをどこまで知っているだろうか? 繰り返される迷走と復活劇。クラブの歴史を知ることで見えてくる、新たな「クラシコ」像。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • レアル・マドリーとバルセロナの、クラブ創立からの歴史を描く。具体的な戦術の違いを解説してあるのかと思ったら、クラブの歴史や有名な監督や選手のことが書いてあり、やや肩透かし。ただ、強烈なライバル関係がそ レアル・マドリーとバルセロナの、クラブ創立からの歴史を描く。具体的な戦術の違いを解説してあるのかと思ったら、クラブの歴史や有名な監督や選手のことが書いてあり、やや肩透かし。ただ、強烈なライバル関係がその国のサッカーの始まりから現在まで続いているという状況は、世界的に見ても稀有なことらしい。2011-12シーズンで遂にバルセロナの優勝を阻止したのは、やはりレアル・マドリーだった。あいつだけには負けたくないという思いが、切磋琢磨につながる。 …続きを読む
    向う岸
    2012年06月17日
    5人がナイス!しています
  • 同著「ふたつのマンチェスター」では内容がどうしてもマンU中心で物足りなかったが、本作では両クラブともエピソード満載の最強同士でバランスが良い。最強バルサを倒せるのはバルサ化したレアルだろうとの予見は、 同著「ふたつのマンチェスター」では内容がどうしてもマンU中心で物足りなかったが、本作では両クラブともエピソード満載の最強同士でバランスが良い。最強バルサを倒せるのはバルサ化したレアルだろうとの予見は、現在(レアルCL三連覇)からみると慧眼だといえる。 …続きを読む
    ジュンジュン
    2018年07月14日
    3人がナイス!しています
  • 【感想追加】3年前に読んだ本。スペインがカタルーニャ独立問題に揺れる今だからこそ、サッカーを通じて「スペインの激しい歴史」を学ぶのもありだと思う。 【感想追加】3年前に読んだ本。スペインがカタルーニャ独立問題に揺れる今だからこそ、サッカーを通じて「スペインの激しい歴史」を学ぶのもありだと思う。
    ふっかー復活委員長
    2014年02月14日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品