試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044065096

金子兜太の俳句入門

  • 著者 金子 兜太
  • 題字 金子 兜太
  • カバーデザイン 野村 勝善
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044065096

率直果敢が極意! 著者入魂の俳句入門書!

「季語にとらわれない」「生活実感を表す」「主観を吐露する」など、句作の心構えやテクニックを82項目にわたって紹介。俳壇を代表する俳人・金子兜太が、独自の俳句観をストレートに綴る熱意あふれる入門書。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金子兜太の俳句入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • それまでの俳句入門が歳時記を買って季語を習い七五調で気の利いたことを詠みましょうという俳句入門書とは違い、季語はどうでもいい、「有季定形」は「約束」以上のものでもなく、「約束」は破られる為にある(そこ それまでの俳句入門が歳時記を買って季語を習い七五調で気の利いたことを詠みましょうという俳句入門書とは違い、季語はどうでもいい、「有季定形」は「約束」以上のものでもなく、「約束」は破られる為にある(そこまでは言ってないか)、「無季の句」も「自由律」ある。季語というのは長い歴史の中で磨かれてきた美意識で、特に短歌の王朝文化であるわけで、それより我々は「生活実感」重視で行きましょうというスタイルか。七五調も文語と口語の違いや古語と現代語の違いもあるから、俳句の短詩型としてのリズムは大事だけど縛られる必要もない。 …続きを読む
    かふ
    2019年04月24日
    13人がナイス!しています
  • 金子兜太さんの俳句入門です。いや〜難しいですね。タイトルが入門なので手に取ってみましたが、なかなか難解でした。一、俳句とは、は基本的なことを見開き1ページ前後の分量でまとめられているので頭に入りやすい 金子兜太さんの俳句入門です。いや〜難しいですね。タイトルが入門なので手に取ってみましたが、なかなか難解でした。一、俳句とは、は基本的なことを見開き1ページ前後の分量でまとめられているので頭に入りやすいですが、二の本歌取あたりから後半は再読しないと厳しいです。客観写生と主観を少し加えて景を変える、動かす、散文と韻文のあたりは非常に参考になりました。芭蕉と一茶の違いも興味深いです。高野素十さん、名前は初めて聞きましたが読んでみたいな。まだまだ修行が足りませんね〜。 …続きを読む
    りょちみ
    2018年02月26日
    9人がナイス!しています
  • とても勉強になった。 とても勉強になった。
    Akito Yoshiue
    2014年08月20日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品