金子兜太の俳句を楽しむ人生

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784806139638

金子兜太の俳句を楽しむ人生

  • 著者 金子 兜太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784806139638

自らの俳句人生について語った講演・寄稿集。90歳を過ぎてもなお生々しく人生を歩み続けている“俳童”は、いったいどうやって俳句とかかわってきたのか?「俳句=生きがい」と言われる所以がこの本でわかる!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金子兜太の俳句を楽しむ人生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自身の生い立ちについては別の本でもすでに読んで知っていたが、はねっかえりの人生を送る上で妻に与えたプレッシャーや、戦争をその最中は肯定せざるを得なかっただけにその後の反戦意識があること、そして俳句への 自身の生い立ちについては別の本でもすでに読んで知っていたが、はねっかえりの人生を送る上で妻に与えたプレッシャーや、戦争をその最中は肯定せざるを得なかっただけにその後の反戦意識があること、そして俳句への姿勢が年とともに変化していったことなど、初めて知ることもあり、面白かった。 …続きを読む
    たな
    2015年12月26日
    4人がナイス!しています
  • 金子兜太の自伝と言っても良い。雁坂峠を挟んだ秩父往還に関する記述が面白い。甲斐も山国だと思っていたが、高原状の明るさがあり、それにくらべて奥秩父は山が迫っているからだろう。 金子兜太の自伝と言っても良い。雁坂峠を挟んだ秩父往還に関する記述が面白い。甲斐も山国だと思っていたが、高原状の明るさがあり、それにくらべて奥秩父は山が迫っているからだろう。
    笛吹岬
    2011年02月12日
    1人がナイス!しています
  • たまたま図書館で。著者の生い立ちから戦争経験、そして知り合った俳人達との交流や著者の視点から分析した俳人たちの事が、読みやすい文章で綴られている。医者である父も俳人であったとは知らなかった。著者自身は たまたま図書館で。著者の生い立ちから戦争経験、そして知り合った俳人達との交流や著者の視点から分析した俳人たちの事が、読みやすい文章で綴られている。医者である父も俳人であったとは知らなかった。著者自身はまさに豪放磊落で、現在も闊達でいらっしゃる。だがその背景には辛い戦争体験を経て、己の進む道、戦争を絶対してはならないという信念を貫き通している強さ、亡くした戦友たちへの祈りがあるからだと思う。他者への観察眼は鋭く、本著で初めて知ったが、上甲平谷の句とその人となりを表す文章が好きだ。 …続きを読む
    chiuchiu
    2015年07月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品