試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043572236

殺人調香師

  • 著者 大石 圭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043572236

僕は死人の香りに興奮する──渾身の倒錯的エロティック・ホラー!

柏木はハンサムな若き香水調合師にして――連続殺人鬼。命を失ってから数時間にわたって皮膚から立ち上る“その香り”に包まれながら、殺した女を犯すことが、彼の至上の喜びなのだ――!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「殺人調香師」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 圭さん、3巻目。9人?10人?何年も前からの殺人なのに、一杯証拠となるものを残しているのに捕まらないシリアルキラー。エロだし殺人を犯すし・・でも主人公に汚らしいとか変態だとかの言葉が似合わなくて、哀し 圭さん、3巻目。9人?10人?何年も前からの殺人なのに、一杯証拠となるものを残しているのに捕まらないシリアルキラー。エロだし殺人を犯すし・・でも主人公に汚らしいとか変態だとかの言葉が似合わなくて、哀しいねぇと囁いてあげたくなる。ねぇあなた「その香り」さえもちあわせてなけりゃ殺されなかったのに、と主人公を庇うセリフがポロっと・・。「その香り」を持たず、彼女達からみたら太めのおばあさんのやっかみよ(^^;。さぁ次の圭さん作品はどれがいいかしら。今の処ハズレ無だもの …続きを読む
    はつばあば
    2018年04月30日
    53人がナイス!しています
  • さらなる「その薫り」を求めて、次々と殺人を繰り返す調香師の柏木。「その薫り」を掻き分けここまで匂いに執着すると言うのは、正直訳がわからない。それと、自分だけのオリジナルの香水を作ってもらうのに、服を脱 さらなる「その薫り」を求めて、次々と殺人を繰り返す調香師の柏木。「その薫り」を掻き分けここまで匂いに執着すると言うのは、正直訳がわからない。それと、自分だけのオリジナルの香水を作ってもらうのに、服を脱がなくてはいけないとか、もう中身がどろどろのめちゃくちゃだったような。しかしそんな作品でありながら、読みやすくついつい没頭してしまうのは、やはりさすがの大石作品だと思う。「その薫り」とは、どんな薫りなんだろうか? ☆☆☆★★ …続きを読む
    mr.lupin
    2020年12月11日
    50人がナイス!しています
  • 今まで、たんたんとした終わり方のイメージの強かった大石作品だが、今回は色々と終わり方に工夫がみられる。年がら年中、鼻のつまっている自分としてはよく分からない世界だと思った。 今まで、たんたんとした終わり方のイメージの強かった大石作品だが、今回は色々と終わり方に工夫がみられる。年がら年中、鼻のつまっている自分としてはよく分からない世界だと思った。
    じゅんぢ
    2018年04月21日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品