試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944835

ひだまりゼリー

  • デザイン 角川書店装丁室 鈴木久美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944835

子どものころ、私を包んでいたまなざし。それが、今も背中を押してくれる。

あのころ、私はひだまりのように温かな家族の愛にふるふると包まれて、世界を見ていたの……人気声優にして、児童書作家としても活躍する浅野真澄がみずみずしい筆致で描く、幼い少女時代の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ひだまりゼリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 次男のオススメ本。表紙は丸々とした可愛い赤ちゃんが何故か、キャベツの葉っぱをおつむに乗せて、すやすやと眠っている。筆者の事を私は全然知らないけど、彼女の子供時代は幸せ一杯、という訳ではないみたいだ。 次男のオススメ本。表紙は丸々とした可愛い赤ちゃんが何故か、キャベツの葉っぱをおつむに乗せて、すやすやと眠っている。筆者の事を私は全然知らないけど、彼女の子供時代は幸せ一杯、という訳ではないみたいだ。それなのに、こんなに優しい言葉を紡げるのは、廻りの人達の存在が、今も彼女を温かく包んでいるからなのだろう。それが彼女の心の中の宝石箱で、きらきら輝いていて、辛い時に、そっと取り出すのだろうな。その大切な言葉を、1つ1つ、手渡されたみたいに感じたよ。 …続きを読む
    みっちゃん
    2014年05月31日
    84人がナイス!しています
  • 読後感がとても良かったです。自分、家族や自分の周りにいた人たちとの何でもないだけどキラキラした思い出の数々を、シンプルに、直接心の奥に語りかけられてるような文章で書かれてます。思わず笑ってしまう話、思 読後感がとても良かったです。自分、家族や自分の周りにいた人たちとの何でもないだけどキラキラした思い出の数々を、シンプルに、直接心の奥に語りかけられてるような文章で書かれてます。思わず笑ってしまう話、思わずほろりとさせられる話、ドキッとする話など、本当に誰にでもあっただろう記憶のカケラ達です。読み終わったら、きっと自分の家族との時間を思い返してしまう、そんな1冊でした。表紙のキャベツを被った赤ちゃんにもちゃんと意味があります。気になる人はぜひ読んでみてください。 …続きを読む
    いりあ
    2011年11月29日
    14人がナイス!しています
  • 読みながら自分の小さい時のことを思い出した。あさのさんの文章を読みながら普段は思い出さない記憶がふっと浮かんでくる。自分が感じた感情や見えた世界を言葉に紡ぎだすその感性がとても好きになる。ひとつひとつ 読みながら自分の小さい時のことを思い出した。あさのさんの文章を読みながら普段は思い出さない記憶がふっと浮かんでくる。自分が感じた感情や見えた世界を言葉に紡ぎだすその感性がとても好きになる。ひとつひとつのお話しが自分の心のなかに感情の波を立てる。あたたかかったり締め付けられたり。心に響く一冊でした。 …続きを読む
    とうふ
    2012年12月02日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品