異国迷路のクロワーゼ Le cahier d’ Yune

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784829136621

異国迷路のクロワーゼ Le cahier d’ Yune

  • 著者 萩原 麻里
  • 原作 武田 日向
  • イラスト 武田 日向
  • イラスト いとう まりこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784829136621

武田日向の大人気コミックをオリジナルストーリーで小説化!!

大人気コミックが待望のノベライズ! 19世紀フランス、パリ。小さな鉄工芸品店「ロアの看板店」で働くことになった日本人の少女・湯音が、店主の少年・クロードにもらった1冊の日記帳に綴る、優しい出逢いの物語

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異国迷路のクロワーゼ Le cahier d’ Yune」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜庭一樹さんの「GOSICK」イラストつながりで。19世紀末のフランスに奉公にやってきた日本人少女・湯音の物語。この時代に少女が海を渡り、価値観や言葉の違いと戦いながら働くつらさは想像以上だったでしょ 桜庭一樹さんの「GOSICK」イラストつながりで。19世紀末のフランスに奉公にやってきた日本人少女・湯音の物語。この時代に少女が海を渡り、価値観や言葉の違いと戦いながら働くつらさは想像以上だったでしょうね。クロードもある意味湯音以上に不器用な人だし。人と人がわかりあう上で必要なことは何かということを考えさせられました。読後感はほのかにあたたかいです。 …続きを読む
    佐島楓
    2013年03月20日
    16人がナイス!しています
  • 分かり合えたかと思うとすれ違いがあって、文化の差って大変。てか、湯音に対してほぼクロードが譲歩しているような…それでいいのか?「湯音のまま。日本人のまま」が結局彼女の結論だし。そこが彼女の可愛さ、いじ 分かり合えたかと思うとすれ違いがあって、文化の差って大変。てか、湯音に対してほぼクロードが譲歩しているような…それでいいのか?「湯音のまま。日本人のまま」が結局彼女の結論だし。そこが彼女の可愛さ、いじらしさだからいいけど。そして個人よりも集団、共同財産を守るべき日本人の在り方をアリスが「根本的に変。上に立つ人間にとってお店も商品も雇っている人間も等しく大切にしなければならないのよ。働く人間が犠牲になったら意味ないわ」と言うのに頷いてしまった。原作の空気とか「らしさ」が出ていて良いノベライズだと思います。 …続きを読む
    もずく
    2011年11月28日
    13人がナイス!しています
  • ノベル版でも湯音は可愛い(^^)!ぢつは原作版コミックを持ってたりも(笑)幼い少女が日本から遠く離れた異国の地フランスで言葉の違いを乗り越えてお互いに理解し協力して生きようとする姿を描いた秀作。お姉様 ノベル版でも湯音は可愛い(^^)!ぢつは原作版コミックを持ってたりも(笑)幼い少女が日本から遠く離れた異国の地フランスで言葉の違いを乗り越えてお互いに理解し協力して生きようとする姿を描いた秀作。お姉様の汐音と母との3人で貧しくも楽しく暮らしていた湯音。「正義の哲学」で書いた異形な者への嫌悪感..このストーリーでも表現されている。ま、基本優しさ溢れる作品なんでこの件スルーして(笑)クロード、怒るけど湯音が心配で(^○^)ね?オスカーは良い叔父様だしね〜ホントの紳士だね!アリスと湯音を見てると女の子って凄い! …続きを読む
    かんけー
    2015年03月22日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品