試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041898123

ワルツ(中)

  • 著者 花村 萬月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041898123

荒廃した新宿で、三人は<ワルツ>を踊る--。

占領下の新宿。一人で愚連隊組織を壊滅させた城山は伝説の存在となる。一方、己の暴力衝動を抑えられぬ林は米兵狩りを始める。二人は館岡組の庇護下にある百合子に強く惹かれていき……。運命の歯車は更に加速する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ワルツ(中)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小説指南の連載で、虚構の構築の重要さを述べていらっしゃったが、なるほどなあ。「ねえよ」な乙女展開(←あくまで個人の見解です)を納得させる、太く、それでいて情緒ダダあふれる筆致で舞台をも堅固に描く。半丁 小説指南の連載で、虚構の構築の重要さを述べていらっしゃったが、なるほどなあ。「ねえよ」な乙女展開(←あくまで個人の見解です)を納得させる、太く、それでいて情緒ダダあふれる筆致で舞台をも堅固に描く。半丁勝負のシーンが素晴らしい。どんな濡れ場よりゾクゾクした。さて、ワルツを踊りだした三人。どんなステップを見せてくれるのだろう。 …続きを読む
    ずきん
    2019年09月14日
    74人がナイス!しています
  • 米兵に襲われそうになった百合子を偶然居合わせた林が助け、館岡組の食客となる。城山組の野際、但馬による城山の姐の敵討。澤村を刺す。守れなかった林。弔う中で林は利根川の悪事を語る。百合子は澤村の生前の言葉 米兵に襲われそうになった百合子を偶然居合わせた林が助け、館岡組の食客となる。城山組の野際、但馬による城山の姐の敵討。澤村を刺す。守れなかった林。弔う中で林は利根川の悪事を語る。百合子は澤村の生前の言葉を思い利根川を守ろうとするが悪態をつき去られる。澤村の通夜博打に訪れる城山と松永。(野際、但馬は知覧に隠す。)澤村は切られた指を噛み切る。百合子と澤村との指し勝負。壺を振る林。素人が3人。ワルツは三拍子。半に賭け続けた百合子の圧勝。夫の亡骸がある部屋で林に犯された百合子。悪をも飲み込み舘岡のために生きる事に。 …続きを読む
    テディ
    2015年12月30日
    32人がナイス!しています
  • 上巻でサラッと関わっただけの3人が濃く関わる中巻。3人ともアウトローな道まっしぐらで、信念が強い3人だからこそこの後バチバチになるんだろうなぁと思うと、ちょっと切ない。百合子を好きな2人っていうだけで 上巻でサラッと関わっただけの3人が濃く関わる中巻。3人ともアウトローな道まっしぐらで、信念が強い3人だからこそこの後バチバチになるんだろうなぁと思うと、ちょっと切ない。百合子を好きな2人っていうだけではなく、男性側がお互いを理解しているし、リスペクトしているだけにこの後のバチバチはきっと辛いはず。そうなった時に自分は誰に感情移入するのかも不明という不思議な小説。 …続きを読む
    ゆか
    2018年04月18日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品