誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年03月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048850896

誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

  • 著者 カレル・ヴァン・ウォルフレン
  • 訳者 井上 実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年03月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048850896

最大の岐路に立つ日本政治、その権力の闇を暴く!

日本取材30年のオランダ人ジャーナリストが、「小沢一郎」問題の背後に浮かび上がる「非公式権力」と、その支配の構図を徹底解明。検察とマスコミ、そして日本の未来を問い直す。騒乱の渦中に緊急出版!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ◎鳩山さんが総理となり直ぐ日米首脳会談を希望したが実現しなかった経緯が語られている。その部分がまず印象深かった。この本の著者はオランダ人。さらに日米関係の緊密さや重要性から首脳会談が実現しなかった事実 ◎鳩山さんが総理となり直ぐ日米首脳会談を希望したが実現しなかった経緯が語られている。その部分がまず印象深かった。この本の著者はオランダ人。さらに日米関係の緊密さや重要性から首脳会談が実現しなかった事実を伝えるマスコミの報道姿勢などに疑問を呈する。検察は他の先進国では法の番人に過ぎないのにこの国では政治システムを守ることにも専念しているとも。今この国は後から振り返ってみたら大きな転換点にあるのにそのことに人々は気づいていないと。現状を維持する免疫の一翼を担ってしまうことに読書が陥らないように用心したい。 …続きを読む
    B-Beat
    2013年02月02日
    16人がナイス!しています
  • 30年以上日本を取材し続けたオランダ人による著書。小沢氏に対するネガティブキャンペーンが世界的に見てどれだけ異常であるか、またその背景に日本が抱える構造的問題がどのように絡んでいるか、についてわかりや 30年以上日本を取材し続けたオランダ人による著書。小沢氏に対するネガティブキャンペーンが世界的に見てどれだけ異常であるか、またその背景に日本が抱える構造的問題がどのように絡んでいるか、についてわかりやすく書いてある。問題なのは、日本の構造的問題がある個人に主導されているものではなく、『システム』として堅固に根付いていることである。そして、検察特捜部は法の番人ではなく、『システム』の番人であると説く。さらには、アメリカとの不平等な関係にまで言及。鍵は日中関係か。他の著作も読んでみたくなりました。 …続きを読む
    ふぇるけん
    2012年05月03日
    3人がナイス!しています
  • 検察とメディアの関係、政治家との動きに余りにも偶然なスキャンダルなど頷く点有り。本質の改革は時間がかかるがメディアに世論がかみ乱されている。改革を進めるのは、人の反対を受けるのも当然だが変わらなければ 検察とメディアの関係、政治家との動きに余りにも偶然なスキャンダルなど頷く点有り。本質の改革は時間がかかるがメディアに世論がかみ乱されている。改革を進めるのは、人の反対を受けるのも当然だが変わらなければ日本は良くならない。自分の住んでいる日本、もっと政治に興味を持たなければならないね。 …続きを読む
    ばなな
    2011年11月06日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品