角川ホラー文庫

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2

甘美な異界への扉が、今開かれる――。シリーズ第2作。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041000359
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2

甘美な異界への扉が、今開かれる――。シリーズ第2作。

  • 著者 小池 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041000359

甘美な異界への扉が、今開かれる――。シリーズ第2作。

互いに溺れ合う男と女。だが突然、女との連絡が途絶えた。思い悩む男の前に現れたのは……本書のために書き下ろされた短編「青い夜の底」を収録。妖しくも美しき「小池ワールド」が凝縮した怪奇幻想傑作選。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラー系のカテゴリーがされているが、何処か異次元へ迷い込んだような作品が多い短編集。こういった異なる雰囲気も描きこなす著者は厚みがあると思う。不気味と思う反面、なぜそういう事が起こったのかと説明がない ホラー系のカテゴリーがされているが、何処か異次元へ迷い込んだような作品が多い短編集。こういった異なる雰囲気も描きこなす著者は厚みがあると思う。不気味と思う反面、なぜそういう事が起こったのかと説明がないので物足りなさを感じながら読み終えた。 …続きを読む
    James Hayashi
    2018年01月05日
    31人がナイス!しています
  • 殆ど既読だった。「災厄の犬」「生きがい」は何年ぶりかで他の作家と混同していた。上手いなぁと思ったが、やはり私の好み的には死者との交錯、あわいの滲む作品に惹かれる。忘れ切れないものが夢となり果たして自分 殆ど既読だった。「災厄の犬」「生きがい」は何年ぶりかで他の作家と混同していた。上手いなぁと思ったが、やはり私の好み的には死者との交錯、あわいの滲む作品に惹かれる。忘れ切れないものが夢となり果たして自分は今どこにいる?あの感覚の描かれ方の見事さに毎度驚かされる。美しいけれど底知れない淋しさ、のぞき込み踏みとどまり改めて怖くなる。 …続きを読む
    リッツ
    2017年04月21日
    30人がナイス!しています
  • 「鬼灯」は1人の男を巡る3人の女の関係が甘美であり、密。しかもよくある昼ドラ展開じゃなくて互いの気持ちが分かるからこその寛容性とそれでも心をすり減らして命の灯さえも危うくさせる憔悴には「女」を分かって 「鬼灯」は1人の男を巡る3人の女の関係が甘美であり、密。しかもよくある昼ドラ展開じゃなくて互いの気持ちが分かるからこその寛容性とそれでも心をすり減らして命の灯さえも危うくさせる憔悴には「女」を分かっていると感嘆するしかありません。「生きがい」は気味悪さを感じさせる献身からの絶望に叩き込まれるのが凄まじい。「しゅるしゅる」の愛おしそうに栗羊羹を口に運ぶ和代さんがなぜ、知らなかった方が良いその事実を告げたのかを考えると薄ら寒い。そしてまさか、怪奇そのもの視点が入るなんて、思いも拠らなかったので油断してました。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2016年09月06日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品