ワールドエンド・ヴァルキリー2 「この世界の未来が見たい」と彼女は笑った

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784044746070

ワールドエンド・ヴァルキリー2 「この世界の未来が見たい」と彼女は笑った

  • 著者 九重 一木
  • イラスト 蔓木 鋼音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784044746070

新たな少女型決戦兵器、降臨! はたして、その正体は──!?

異世界から侵入してくる”捕食者”たちを封印するため、サーランド男爵領へと向かったテオとヤエカ。だが、二人の前に立ち塞がる強敵が現れる。それはなんと、ヤエカと同じ”対捕食者決戦翅団”のメンバーだった!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ワールドエンド・ヴァルキリー2 「この世界の未来が見たい」と彼女は笑った」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この巻で切ります この巻で切ります
    void
    2011年08月04日
    0人がナイス!しています
  • 帯には「次元を超えたボーイ・ミーツ・ガール、第2弾!」ってあって、確かにボーイ・ミーツ・ガールしているんですが、なんだろう、すごくだまされた気がする(笑)。 帯には「次元を超えたボーイ・ミーツ・ガール、第2弾!」ってあって、確かにボーイ・ミーツ・ガールしているんですが、なんだろう、すごくだまされた気がする(笑)。
    かやは
    2012年06月16日
    0人がナイス!しています
  • 2巻目!前巻の続きで、とある男爵領へ・・・そこに、待ち受けていたものは・・・と、なかなか、ハードな内容でした。ま、ベタなシチュなのは、否めないが・・・個人的には、好きなシチュ。ただ、細かい伏線が、多々 2巻目!前巻の続きで、とある男爵領へ・・・そこに、待ち受けていたものは・・・と、なかなか、ハードな内容でした。ま、ベタなシチュなのは、否めないが・・・個人的には、好きなシチュ。ただ、細かい伏線が、多々出てきたので、今後の展開にも期待。個人的には姫と妹姫にも、もっと活躍の場をと思ってしまう。 …続きを読む
    ブー
    2011年11月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品