ギリシャ棺の秘密

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041007952

ギリシャ棺の秘密

  • 著者 エラリー・クイーン
  • 訳者 越前 敏弥
  • 訳者 北田 絵里子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041007952

天才的な犯人との息づまる頭脳戦!国名シリーズ第4弾。

急逝した盲目の老富豪の遺言状が消えた。捜査の甲斐なく一向に見つからず、大学を卒業したてのエラリーは棺を掘り返すことを主張する。だがそこから出たのは第二の死体で……。二転三転する事件の真相とは!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ギリシャ棺の秘密」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆ 本作はエラリーが新人探偵の頃の話。 エラリーが若気の至りで誤った推理をしてしまうのは中々の見どころ。ちなみにこの時点で私もほぼ同じ誤りをしていた。 その後反省して真犯人を突き止めるエラ ★★★★☆ 本作はエラリーが新人探偵の頃の話。 エラリーが若気の至りで誤った推理をしてしまうのは中々の見どころ。ちなみにこの時点で私もほぼ同じ誤りをしていた。 その後反省して真犯人を突き止めるエラリーに対して、私の方は更に二重の誤りを犯してしまう体たらく笑 クイーン作品の中でも最大のボリュームであり、やや冗長に感じる部分もあったが、その分じっくりとエラリーの推理を楽しむことができたと言える。 クイーン警視とサンプソンが最初に比べてものすごく無能になってる気がするのは気のせい? …続きを読む
    Kircheis
    2020年04月22日
    219人がナイス!しています
  • 『エジプト十字架の秘密』と並ぶエラリー・クイーンのミステリー・国名シリーズの人気作品。派手な連続殺人も不思議な密室もでてこないので『エジプト~』に比べたら序盤はやや退屈。しかし、国名シリーズの中では一 『エジプト十字架の秘密』と並ぶエラリー・クイーンのミステリー・国名シリーズの人気作品。派手な連続殺人も不思議な密室もでてこないので『エジプト~』に比べたら序盤はやや退屈。しかし、国名シリーズの中では一番「意外な犯人」がでてきます!もう1つの魅力は、エラリ-が犯人を推理すると、それをあざ笑うかのように新たな犯人候補が次々にあらわれ、真相になかなかたどりつけないところ。読者はエラリ-の推理をたっぷり堪能できます。ハラハラする展開はないけど、探偵が論理的に謎を解く過程をじっくり楽しみたい方におすすめです。 …続きを読む
    ふうらいぼう
    2015年10月02日
    95人がナイス!しています
  • 盲目のギリシャ人大富豪ハルキス氏が亡くなり、一族の地下墓地に埋葬された。金庫の中にあったはずの遺言書を入れた手提げ金庫が失くなっており、父の警視とともに捜査にきたエラリーが金庫がある場所は、ハルキス氏 盲目のギリシャ人大富豪ハルキス氏が亡くなり、一族の地下墓地に埋葬された。金庫の中にあったはずの遺言書を入れた手提げ金庫が失くなっており、父の警視とともに捜査にきたエラリーが金庫がある場所は、ハルキス氏の棺の中しか考えられないというのでハルキス氏の棺を開けてみると、なんと、ハルキス氏の遺体の上に別の死体が。大学を卒業したばかりのまだ若いエラリーは、自信家で、そのためか犯人の策略にまんまとはまってしまうのだが、もちろんやられっぱなしではいない。エラリーの推理力だけでなく初々しさも楽しめる作品。 …続きを読む
    NAO
    2020年07月01日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品