井上ひさし 希望としての笑い むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく・・・・・・ 角川SSC新書

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
228
ISBN:
9784047315273

井上ひさし 希望としての笑い むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく・・・・・・ 角川SSC新書

  • 著者 高橋 敏夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
228
ISBN:
9784047315273

深くてゆかいでまじめな傑作を生みつづけた作家、井上ひさし。「笑い」を軸にして、比類なき偉才が遺した作品の足跡をたどる決定版。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「井上ひさし 希望としての笑い むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく・・・・・・ 角川SSC新書」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読んでいると井上ひさし作品を きちんと読みたくなってくる一冊。 井上さんの世代だから書けた本を もう一度手に取ってみたくなった 読んでいると井上ひさし作品を きちんと読みたくなってくる一冊。 井上さんの世代だから書けた本を もう一度手に取ってみたくなった
    ひょっとこなっとこ
    2017年05月29日
    8人がナイス!しています
  • 改めて、井上ひさしさんの凄さがわかったように思う。一番好きな作家でもある。一時期、集中的に読んだ頃もあった。装丁にもあるとおり、むずかしいことをやさしく・・・・と続く、井上さんの言葉に触れたとき、さす 改めて、井上ひさしさんの凄さがわかったように思う。一番好きな作家でもある。一時期、集中的に読んだ頃もあった。装丁にもあるとおり、むずかしいことをやさしく・・・・と続く、井上さんの言葉に触れたとき、さすがと思うと同時に、やられたとも思った。そして、この本に触れることで、それぞれの深みも増したように思う。最後のところが凄いと思った。柔和な表情でありながら、眼力だけがやたらと力強いということ。周辺からの視点。最近、国民のためとか国益のためとかいう言葉が目立つが、その意味するところは明らかだ。 …続きを読む
    けんとまん1007
    2013年04月27日
    3人がナイス!しています
  • 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく…」このおかげで馬鹿な私にも理解し、楽しめ、胸に刺さる戯曲を堪能する事ができました。こんな話を書かれる人ってなかなかいないですし、希有な方だったんだなと 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく…」このおかげで馬鹿な私にも理解し、楽しめ、胸に刺さる戯曲を堪能する事ができました。こんな話を書かれる人ってなかなかいないですし、希有な方だったんだなと思います。井上さんの人生と作品を余す事なく書かれ、笑いに着眼されたのは面白かったです。題材だけみると重いものも多々ありますが、笑い所があるのも井上作品の特徴でしたね。まだ見ていない作品に興味もわきますし、高橋先生の考えは面白いものはあります。ですが、何より本当に井上さんはいないのだなと実感してしまいました。 …続きを読む
    ポチ
    2013年12月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品