試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047034754

ここからはじめる短歌入門

  • 著者 坂井 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047034754

第44回迢空賞受賞歌人による短歌の作り方

三十一音で無限の世界を表現できる短歌。恋、家族、老いなどの人生がどう歌になるのか、その技法は? 作法から鑑賞法まで、近現代の秀歌を例にあげながら、平易なことばで短歌の深い魅力を伝える短歌入門。

〈目次〉

  「ことば」を知っていますか

生きることは歌うこと
  行きはじめること
  若い女性の恋
  若い男性の恋
  死を思うこと
  熟年の歌
  社会と短歌
  上り坂と下り坂
  老いて死ぬこと

間奏
  いちばん大切なこと

短歌の技法
  直喩の深み
  隠喩の広がり
  オノマトペの情感
  古典的な修辞法
  句切れを入れる
  破調について
  文語と口語
  連作をつくる
  難解歌を読む

短歌を作り続ける
  作品の評価
  歌集を編む
  実生活と短歌
  これからの短歌

二十一世紀の若者のために
  新しい短歌への招待状
  悽惆の歌
  ITと進歩史観──私の生業の「時間」──

あとがき


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ここからはじめる短歌入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オーソドックスな短歌入門。入門者に対して短歌の面白さや喜びを説明しているが、特に強い印象を受けるまでには至らない。教科書としては最適かもしれない。 オーソドックスな短歌入門。入門者に対して短歌の面白さや喜びを説明しているが、特に強い印象を受けるまでには至らない。教科書としては最適かもしれない。
    たな
    2017年09月01日
    5人がナイス!しています
  • 角川「短歌」の連載をまとめたもの。オーソドックスな「ザ・入門書」という感じで隙のない内容になっている。角川「短歌」の読者のニーズにこたえたものであろう。反面、かっとんだ内容はないのでどこまで印象に残る 角川「短歌」の連載をまとめたもの。オーソドックスな「ザ・入門書」という感じで隙のない内容になっている。角川「短歌」の読者のニーズにこたえたものであろう。反面、かっとんだ内容はないのでどこまで印象に残るかは疑問。譬えは悪いが「沈香も焚かず屁もひらず」と言ったら言い過ぎか。この一冊を読んだところで「入門書で教わった歌」以上の歌はできないだろうから。 引用されている作品は面白い。その点では再発見のある一冊ではあった。 …続きを読む
    Kaoru Murata
    2015年10月25日
    2人がナイス!しています
  • お手本になる短歌の解釈が丁寧で、短歌の面白さを身近なものに感じられる。歌集の作り方まで書いてあって、いやそこまでは…と思うものの、それはそれで興味深い。いくつか解釈が自分のとはちがっていたけど、それも お手本になる短歌の解釈が丁寧で、短歌の面白さを身近なものに感じられる。歌集の作り方まで書いてあって、いやそこまでは…と思うものの、それはそれで興味深い。いくつか解釈が自分のとはちがっていたけど、それもまた短歌の面白さなのかもしれないな。 …続きを読む
    仮ッ子
    2010年10月30日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品