性と進化の秘密 思考する細胞たち

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044094270

性と進化の秘密 思考する細胞たち

  • 著者 団 まりな
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044094270

養老孟司先生、推薦! 「生殖や発生を理解するのにたいへんよい本です。」

三八億年前、とてつもない偶然が重なり、たった一つの細胞が誕生する。この細胞が人間のような複雑な生物へ進化したのは何故か。「細胞は考える」という観点から、生命と性の秘密を易しく解きあかす生物学入門。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「性と進化の秘密 思考する細胞たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは面白い。地球上に一個の生命が生まれ、飢餓を避けるため有性生殖(性の始まり!死の誕生)が始まった。ハプロイド細胞からディプロイド細胞への進化は読んでいて非常にスリリング。階層性をキーワードに生と性 これは面白い。地球上に一個の生命が生まれ、飢餓を避けるため有性生殖(性の始まり!死の誕生)が始まった。ハプロイド細胞からディプロイド細胞への進化は読んでいて非常にスリリング。階層性をキーワードに生と性を解き明かします。それだけに最後の男性批判は余計だったかも。 …続きを読む
    小鈴
    2010年08月29日
    9人がナイス!しています
  • 丁寧に性と進化の成り立ちについて論じてくれるので、興味があまりない読者にとってもついていきやすい内容。団まりな氏は発生学?で有名な先生らしく、論点が明確で説明が分かりやすい。生物の細胞一つとっても複雑 丁寧に性と進化の成り立ちについて論じてくれるので、興味があまりない読者にとってもついていきやすい内容。団まりな氏は発生学?で有名な先生らしく、論点が明確で説明が分かりやすい。生物の細胞一つとっても複雑な進歩を遂げており、それをくみ上げていく生物の複雑さと神秘を感じた。あとがきで著者の反省について軽く触れているが、そこをもっと掘り下げた本を読みたいなと思った。 …続きを読む
    takam
    2019年09月23日
    5人がナイス!しています
  • 一章、二章目あたりでつまずく。文章も説明も丁寧だからこそ、繰り返し読んで理解しようとはするのだけど、いかんせんこちらの理解力が足らない。半ばあきらめて読みすすめていく。ところが四章、五章になって、怒涛 一章、二章目あたりでつまずく。文章も説明も丁寧だからこそ、繰り返し読んで理解しようとはするのだけど、いかんせんこちらの理解力が足らない。半ばあきらめて読みすすめていく。ところが四章、五章になって、怒涛の伏線回収がやってくる。はじめにあそこまで丁寧に解説してくれたのは、こういうことだったのか。生物学関連でも特に変わってる。そうか著者は自説がやや風変わりな自覚があるから細かくみっちりと教えて、後半の本題に挑ませてくれたのか。言葉づかいがなんとも丁寧な反面、ユーモアがどぎつい(褒め言葉)。人の開き……。 …続きを読む
    雑食奈津子
    2019年08月06日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品