試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041007532

ベラミ

  • 著者 モーパッサン
  • 訳者 中村 佳子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041007532

モーパッサンの名作が、新訳でよみがえる。

極貧生活を送っていた鉄道員ジョルジュ・デュロワは持ち前の美貌と厚かましさを武器に、社交界に乗り出し、大実業家の娘と結婚、パリの新聞界に君臨するようになるが――。新訳決定版!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ベラミ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 19世紀のエンタメという印象。風刺や皮肉まじりに、若く美しい貧しい男がのし上がっていく様が描かれている。やもすれば、その日の食事にもこと欠き、うだつの上がらないままに終わったかもしれないのに。偶然の出 19世紀のエンタメという印象。風刺や皮肉まじりに、若く美しい貧しい男がのし上がっていく様が描かれている。やもすれば、その日の食事にもこと欠き、うだつの上がらないままに終わったかもしれないのに。偶然の出会いが彼をシンデレラボーイとしていく。シンデレラと違うのは、彼はもっといい馬車をあちこちに探すこと。彼は非道なの?人を蹴落とす悪人ではない。小細工も決して上手くない。女の心をつかみのには長けているのに、女の心の痛みは自分のものとはできない男。ベラミはそしてどうなったのか。現代なら続・ベラミが出ていそうだ。 …続きを読む
    ケイ
    2017年05月03日
    152人がナイス!しています
  • 自分の出世のために、何人もの女性たちを踏み台にしていったデュロワ。この話はデュロワが絶頂まで上り詰めたところで終わっているが、マドレーヌを失ったあと、デュロワの幸運がいつまで続くのかは分からない。デュ 自分の出世のために、何人もの女性たちを踏み台にしていったデュロワ。この話はデュロワが絶頂まで上り詰めたところで終わっているが、マドレーヌを失ったあと、デュロワの幸運がいつまで続くのかは分からない。デュロワに負けないぐらい自己顕示欲が強く野心家のマドレーヌからの報復だってありそうだ。後日譚を読みたいものだ。 …続きを読む
    NAO
    2018年10月16日
    73人がナイス!しています
  • 出世のために女を利用し、用がすめばばっさり。けしからんやつ、という感情論はひとまず置いといて、、、主人公のジョルジュは、論理的な男です。出世というゲームに勝つため、何が必要で何が不要かをしっかり心得て 出世のために女を利用し、用がすめばばっさり。けしからんやつ、という感情論はひとまず置いといて、、、主人公のジョルジュは、論理的な男です。出世というゲームに勝つため、何が必要で何が不要かをしっかり心得ています。彼の方程式では、『女は駒』。姑が『嫁はいびるもの』と考えているのと何の変わりもない。男性としてみるなら最低だけど、出世レースに挑むプレイヤーとみるなら、彼は超一流。彼の行動や思考には哲学がある。などと深読みしてみましたが、普通のエンタメ小説として読んでも十分楽しめます。 …続きを読む
    みっぴー
    2018年04月09日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品