円環少女 (13)荒れ野の楽園

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年02月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044267155

円環少女 (13)荒れ野の楽園

  • 著者 長谷 敏司
  • イラスト 深遊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年02月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044267155

灼熱のウィザーズバトル、最終章!!

魔法使いが公然となった日常、世界の混乱は収まらず、寒川紀子が魔法使い集団に誘拐された。奪還のために仁とメイゼルは集団を追う。そして聖騎士たちが、再演魔道師たちが、最終決戦のために動き出す――!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「円環少女 (13)荒れ野の楽園」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最終巻に相応しく今までに出てきたキャラ総出演の最終決戦。仁とメイゼルの二人がこれまで歩んできた道の中で築き上げていた絆と他者との縁があったからこその展開でした。回収しきれていない伏線も強引な力技で片づ 最終巻に相応しく今までに出てきたキャラ総出演の最終決戦。仁とメイゼルの二人がこれまで歩んできた道の中で築き上げていた絆と他者との縁があったからこその展開でした。回収しきれていない伏線も強引な力技で片づけた気もしますがこれだけ壮大な物語になったんだからそれも仕方がないか。仁、メイゼルやきずなにエレオノール達の大きく成長した姿を綺麗に書き切り登場人物のその後を考えさせる余韻を残した最後は素晴らしい。ダメなヒーローと嗜虐主義なお姫様の物語でした。 …続きを読む
    まりも
    2014年08月19日
    35人がナイス!しています
  • 堂々完結! 安っぽい言葉になるけど、今まで読んでライトノベルで間違いなく一番面白かった これは俺を築いてきた数多ある作品群の相似であり、それら全てのアンサーである BEATLESSの「モノ」を信じるへ 堂々完結! 安っぽい言葉になるけど、今まで読んでライトノベルで間違いなく一番面白かった これは俺を築いてきた数多ある作品群の相似であり、それら全てのアンサーである BEATLESSの「モノ」を信じるへ至る前に、まず「ヒト」を信じるという正に長谷敏司の小説の根幹部分に繋がっている 完璧で最高のSFファンタジーライトノベルを書いてくれてありがとう… 俺は、この先もずっと長谷敏司という作家を信じるよ …続きを読む
    柑橘類
    2020年10月01日
    11人がナイス!しています
  • 13巻にも及ぶ《地獄》の物語がここにて完結。シリーズ当初から全力で突っ走ってきたような作品だったが、人類の時の最果てまでが及ぶとは予想外すぎてびっくり。最初は好きになれなかったきずなも決意を固めてから 13巻にも及ぶ《地獄》の物語がここにて完結。シリーズ当初から全力で突っ走ってきたような作品だったが、人類の時の最果てまでが及ぶとは予想外すぎてびっくり。最初は好きになれなかったきずなも決意を固めてからは好感度うなぎのぼり。人の手に余る神の責任を背負わされながらも、戦う道を選んだ彼女の姿は誰よりも輝いていた。未来からの干渉に反抗し、荒れ野の楽園を目指した彼らの軌跡は、現在を生きる意思の強さの現れである。絶望的な戦いの果てに訪れた再会は思わず顔もほころぶ。いいラノベSFでした。 …続きを読む
    酔花
    2013年08月26日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品