角川ホラー文庫

魂追い

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043923021
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

魂追い

  • 著者 田辺 青蛙
  • イラスト 文倉 十
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043923021

鬼の少女の命がけの旅路――その先には!?

常世につながる死者の魂が通る道で、その魂を狩ることを生業とする少年がいた。名は縁。あるとき縁は、森で不思議な妖の少女皐月と出会うが……!? 妖鬼皐月と魂追いの少年の生と死を巡る旅が始まる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魂追い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『生き屏風』の続編。魂追いを生業とする縁が登場。個人的には前作の落書きみたいな表紙が好きやねんけどなぁ。それに皐月のイメージが何か違うねんなぁ・・・。どうせやったらタイトルが『魂追い』やねんから縁が表 『生き屏風』の続編。魂追いを生業とする縁が登場。個人的には前作の落書きみたいな表紙が好きやねんけどなぁ。それに皐月のイメージが何か違うねんなぁ・・・。どうせやったらタイトルが『魂追い』やねんから縁が表紙でも良かったん違うかなぁ。 内容は好きやねんけど、所々で分かり難い所があった。「金蜜」と「金糖」は別物?呼び方の違いだけかな? 河童のねねこが好き。次の『皐月鬼』では色々すっきりするんやろか?とりあえず楽しみ。 …続きを読む
    はらぺこ
    2012年01月14日
    49人がナイス!しています
  • 妖鬼・皐月と魂を狩ることを生業とする、魂追いの少年・縁の冒険譚。今作は守る土地を離れた皐月の活躍は控えめで、終盤では新しい仲間も加わりそうな予感。熱々のにしん蕎麦が食べたくなる。 妖鬼・皐月と魂を狩ることを生業とする、魂追いの少年・縁の冒険譚。今作は守る土地を離れた皐月の活躍は控えめで、終盤では新しい仲間も加わりそうな予感。熱々のにしん蕎麦が食べたくなる。
    Anemone
    2017年12月11日
    32人がナイス!しています
  • …ホラー? 勧善懲悪というか、悪者は取っ捕まえて懲らしめよう、な展開はホラーというより(少々不健全な部分もあるにはあるが)児童書っぽい。しかし数行ごとにころころと変わる視点、強引な場面の切り替えが読み …ホラー? 勧善懲悪というか、悪者は取っ捕まえて懲らしめよう、な展開はホラーというより(少々不健全な部分もあるにはあるが)児童書っぽい。しかし数行ごとにころころと変わる視点、強引な場面の切り替えが読み辛いったらない。縁と皐月、どっちがその瞬間の主役なのか、どっちの心理を描きたいのかいまいち理解しにくい。「丁寧な説明どうもありがとうございます」という長台詞も目立つが、その一方で「此処の一行の間に何がどうなったの」というような明らかな描写不足が目立つ。書きたいところだけ書きましたといった雰囲気。 …続きを読む
    カナン
    2014年01月07日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品