生き屏風

第15回 日本ホラー小説大賞 短編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043923014

第15回 日本ホラー小説大賞 短編賞

生き屏風

  • 著者 田辺 青蛙
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043923014

不思議な魅力に満ちた異世界を描く、第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞

酒屋の死んだはずの奥方が、あの世から戻ってきて家の屏風に取り憑いてしまった。村はずれに住む妖鬼の皐月は、屏風の奥方の相手をして、退屈を紛らわしてほしいと頼まれ、しぶしぶ出かけていったのだが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「生き屏風」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 村はずれで暮らす妖鬼の皐月。彼女が依頼を受け、亡くなった奥方の憑いた屏風の相手をする表題作をはじめとした連作3編。これは表題作が日本ホラー小説大賞短編賞受賞作ということからか、角川ホラー文庫から出てい 村はずれで暮らす妖鬼の皐月。彼女が依頼を受け、亡くなった奥方の憑いた屏風の相手をする表題作をはじめとした連作3編。これは表題作が日本ホラー小説大賞短編賞受賞作ということからか、角川ホラー文庫から出ているが、ホラーというよりは人と妖との優しい日々を描いたファンタジーに近いのではないかと思う。どの話もそれぞれ好きだが、一番インパクトがあったのは「馬の首で寝る」という状況が絵で浮かんだ部分かもしれない。妖猫に雪に変えてもらいひらひらと宙を舞い、さっと溶ける…。音のない世界が浮かんでちょっと泣きたくなった。 …続きを読む
    aquamarine
    2020年08月21日
    83人がナイス!しています
  • 容姿は平凡、大きな力もない。眠るのは飼っている馬の首の中。県境に住む皐月はそんな妖鬼だ。死んだ奥方が取り憑いた屏風の話し相手を頼まれて、屋敷を訪れた皐月は、噂に違わず性格の悪い奥方とそれでも意外に気が 容姿は平凡、大きな力もない。眠るのは飼っている馬の首の中。県境に住む皐月はそんな妖鬼だ。死んだ奥方が取り憑いた屏風の話し相手を頼まれて、屋敷を訪れた皐月は、噂に違わず性格の悪い奥方とそれでも意外に気が合って。目を見張るような怪異はないが、人と人でないものが自然に入り混じる風景の中で、静かに紡がれる物語は奇妙な懐かしさが後を引く。昔々のどこかでは、屏風と酒を酌み交わし、話す猫に変化の術を教わった娘の鬼がいたような。 …続きを読む
    kariya
    2010年05月19日
    61人がナイス!しています
  • 頼まれたのは「病で死んだ酒屋の奥方が屏風に取り憑いて、あれこれと我がままを言うので、話相手になって欲しい」ということ。現世と異世界の真ん中に絵が介在するのは、行方不明になった親友が掛け軸から出てくる、 頼まれたのは「病で死んだ酒屋の奥方が屏風に取り憑いて、あれこれと我がままを言うので、話相手になって欲しい」ということ。現世と異世界の真ん中に絵が介在するのは、行方不明になった親友が掛け軸から出てくる、梨木香歩の『家守綺譚』と似ている。「死んだ後も生きた人間を困らせるなんて、傍迷惑な」という奥方の印象が、皐月との交流で変わってゆく。妖艶な狐妖、喰えない猫みたいな皐月の師匠が登場し、ほのぼのした雰囲気が漂う。この先いくつの「あやかし物語」が語られるのか、楽しみだ。 …続きを読む
    星落秋風五丈原
    2008年12月05日
    59人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品