第15回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

生き屏風

不思議な魅力に満ちた異世界を描く、第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043923014
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第15回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

生き屏風

不思議な魅力に満ちた異世界を描く、第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞

  • 著者 田辺 青蛙
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043923014

不思議な魅力に満ちた異世界を描く、第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞

酒屋の死んだはずの奥方が、あの世から戻ってきて家の屏風に取り憑いてしまった。村はずれに住む妖鬼の皐月は、屏風の奥方の相手をして、退屈を紛らわしてほしいと頼まれ、しぶしぶ出かけていったのだが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「生き屏風」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 頼まれたのは「病で死んだ酒屋の奥方が屏風に取り憑いて、あれこれと我がままを言うので、話相手になって欲しい」ということ。現世と異世界の真ん中に絵が介在するのは、行方不明になった親友が掛け軸から出てくる、 頼まれたのは「病で死んだ酒屋の奥方が屏風に取り憑いて、あれこれと我がままを言うので、話相手になって欲しい」ということ。現世と異世界の真ん中に絵が介在するのは、行方不明になった親友が掛け軸から出てくる、梨木香歩の『家守綺譚』と似ている。「死んだ後も生きた人間を困らせるなんて、傍迷惑な」という奥方の印象が、皐月との交流で変わってゆく。妖艶な狐妖、喰えない猫みたいな皐月の師匠が登場し、ほのぼのした雰囲気が漂う。この先いくつの「あやかし物語」が語られるのか、楽しみだ。 …続きを読む
    星落秋風五丈原
    2008年12月05日
    57人がナイス!しています
  • 寝る場面を想像したらホラーやけど全体的には牧歌的な1冊。 表題作では妖鬼である皐月の能力が少し見れたが、その後の話では思い出話で語られるぐらい。現在、凄い妖鬼になってるのかドジな妖鬼のままなのか分から 寝る場面を想像したらホラーやけど全体的には牧歌的な1冊。 表題作では妖鬼である皐月の能力が少し見れたが、その後の話では思い出話で語られるぐらい。現在、凄い妖鬼になってるのかドジな妖鬼のままなのか分からない。これだけやと物足りないので続編を読んでみます。   …続きを読む
    はらぺこ
    2011年06月03日
    54人がナイス!しています
  • まったく怖くないホラー小説大賞受賞作。ただお化けが出てるだけ。香月日輪さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」のようなお話が好きな人には合うかも。 まったく怖くないホラー小説大賞受賞作。ただお化けが出てるだけ。香月日輪さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」のようなお話が好きな人には合うかも。
    らむり
    2014年09月02日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品