世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043943951

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR

  • 著者 内澤 旬子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043943951

見てきました、「動物が肉になるまで」。傑作イラストルポ、待望の文庫化!

「食べるために動物を殺すことを可哀相と思ったり、屠畜に従事する人を残酷と感じるのは、日本だけなの?」 アメリカ、インド、エジプト、チェコ、モンゴル、バリ、韓国、東京、沖縄。世界の屠畜現場を徹底取材!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「あとがき」によれば、「あなた(著者)と同じ感覚を持った日本人は20人に1人」というが、私の感覚からは100人に1人くらいか。なにしろ、屠畜(著者の造語ではないが、屠殺の持つ負のイメージを払拭すべく) 「あとがき」によれば、「あなた(著者)と同じ感覚を持った日本人は20人に1人」というが、私の感覚からは100人に1人くらいか。なにしろ、屠畜(著者の造語ではないが、屠殺の持つ負のイメージを払拭すべく)の現場を積極的に観察し、あわよくば自分も参加したいというのだから。ただ、翻って思うに、ここで著者も指摘しているごとく、あなたも肉を食べるではないか、と言われれば全くその通りなのだ。そんな現場を見たくはない、というよりは避けてきたのだ。マグロの解体ショーは見られても子牛のそれは見られない。その一線は何なのだ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年09月29日
    382人がナイス!しています
  • 内澤旬子さん2作目。この人好きだ〜(#^.^#)私はベジタリアンではないからお肉食べます。お肉大好きです。でもスーパーやお肉屋さんで買うお肉を見るだけだと、あの大きな牛を食べてる実感がないですよね?で 内澤旬子さん2作目。この人好きだ〜(#^.^#)私はベジタリアンではないからお肉食べます。お肉大好きです。でもスーパーやお肉屋さんで買うお肉を見るだけだと、あの大きな牛を食べてる実感がないですよね?でも私たちが美味しく食べてるお肉は必ず「牛」から沢山の人の手により「お肉」になっているのです。内澤旬子さんと同じく私も自分が食べてるお肉が「牛」から「お肉」になる過程をしっかり見て、有り難く命を頂きたいです。作中で「ベジタリアンだって植物の命を頂いてる」に目から鱗でした。 …続きを読む
    小梅
    2014年11月27日
    104人がナイス!しています
  • 美味しそうだからと手に取った本だが、想像していたのとは違った角度からの屠畜が掘り下げられ、色々な分野に興味が広がった。屠畜に偏見はないつもりだったが、それはリベラルだからではなく知識がないからであって 美味しそうだからと手に取った本だが、想像していたのとは違った角度からの屠畜が掘り下げられ、色々な分野に興味が広がった。屠畜に偏見はないつもりだったが、それはリベラルだからではなく知識がないからであって、屠畜は宗教や政治、文化といった様々な背景があることを知って興味深かった。モンゴルではチベット仏教が信仰されつつも社会主義によって分断されたことも、韓国では儒教国であるが故に仏教僧の地位が低かったことも、インドではヒンドゥーの影響でベジタリアンが多くムスリムとの軋轢を産んでいることも知らないことばかりだった。 …続きを読む
    流言
    2015年11月25日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品